パリの一流シェフが手掛ける2つのレストランが銀座に誕生!新しいタイプのブリオッシュにも注目のキャッチ画像

写真拡大

2016年9月24日(土)、GINZA PLACE(銀座プレイス)に、パリの2つ星フレンチレストランの総料理長ティエリー・マルクスが手掛けるフレンチレストラン「Thierry Marx(ティエリー・マルクス)」と、ビストロ&カフェ「GRAND BISTRO MARX(グラン・ビストロ ・マルクス)」がオープンします。「グラン・ビストロ ・マルクス」には、ベーカリーショップも併設されるのでテイクアウトも可能。パン好きの方は必見です!

この秋、パリの2つ星レストランにシェフが手掛ける2つのレストランが銀座に誕生!

東京・銀座に、この秋誕生する複合商業施設・銀座プレイスに、パリの2つ星レストラン「シュール ムジュール パール ティエリー・マルクス」の総料理長・ティエリー・マルクスによるフレンチレストラン「ティエリー・マルクス」と、ビストロ&カフェ「グラン・ビストロ ・マルクス」がオープンします。

ガストロノミーレストラン「ティエリー・マルクス」の特徴は、自宅に招かれたような温かみを感じられる空間。クリエイティブで繊細な料理をゆったりと味わえます。

一方の「グラン・ビストロ ・マルクス」では、カジュアルではありながらも、素材と調理法にこだわったワンランク上の料理を提供。さらに、プレミアムテラスも併設しており、開放的な空間で日中はランチ&カフェ、夜はバーとして夜景を眺めながらシャンパンや色鮮やかなフルーツカクテルが楽しめます。

●「グラン・ビストロ・マルクス」のメインメニューは、日本初上陸の特別なブリオッシュ

「グラン・ビストロ・マルクス」のメニューの軸となるのは、フランスの伝統的な菓子パン・ブリオッシュです。「料理人・パン職人は、調理技術によってシンプルな素材に付加価値をつけ、素材そのものの価値を高めるものである」というマルクス氏の信条の下、生み出された今までにない新しいタイプのブリオッシュが楽しめます。

生地とバターを層にして重ね、しっかりと寝かせることで、空気を多く含んだエアリーな仕上がり、外はカリッと、中はフワッととろける食感がポイントです。北海道産の小麦や、コクと甘みが強い卵、フランス産発酵バター、生イーストを使用するなど、製法だけでなく素材にもこだわった日本初上陸のブリオッシュをぜひ味わってみてください。

●料理とパンのマリアージュ!ブリオッシュを軸に様々なメニューを展開!

「グラン・ビストロ・マルクス」では、ブリオッシュと様々な料理のコンビネーションメニューを中心に展開。フレンチシェフであり、同時にパン職人でもあるマルクス氏特製のブリオッシュを使ったハンバーガーや、フレンチトーストが登場します。歴史と共に育まれ、フランスの食生活には欠かせないブリオッシュのおいしさを、さらに満喫できること間違いありません。また、フランス料理の伝統な手法を継承した、パンを皿に見立てたメニューも登場。

「ミート・オン・ブレッド」や「サラダ・オン・ブレッド」など、料理とパンの融合を存分に堪能できます。

●銀座四丁目の時計塔を正面に臨む開放的なスカイバーはデートにもぴったり!

ビストロに併設するプレミアムテラスにも注目が集まっています。銀座四丁目の時計塔を正面に臨む開放的なテラス席では、カジュアルでありながらも素材と調理法にこだわったワンランク上のビストロ&カフェメニューが味わえます。

さらに、夜は「スカイバー」として銀座の美しい夜景を一望しながら、一流のバーテンダーによる季節のフルーツを使用した色鮮やかなフルーツカクテルやシャンパンも堪能できますよ。デートや女子会、二次会などに活躍しそうですね。

●本場パリのブーランジェリーの味が自宅でも楽しめる

ベーカリーショップでは、ブリオッシュだけでなく、バケット、カンパーニュ、セーブルなど、本場パリのブーランジェリーの味が集合。甘いものからワインやシャンパンに合う塩味のものまで、常時約7種のパンや多彩なガトーが並びます。気に入った味をテイクアウトして、自宅でゆっくり味わえるのも魅力です。

新店舗詳細
店舗名: BISTRO MARX(ビストロ・マルクス)
住所:東京都中央区銀座5-8-1 GINZA PLACE 7F
営業時間: ビストロ・ブーランジェリー 10:30〜23:00(L.O. 22:30)
        スカイバー 23:00〜2:00(L.O. 1:30)
定休日: 不定休
公式ホームページ: www.thierrymarx.jp