チームラボが表参道で個展を開催!体の上に咲き乱れ散る花と群蝶のアートを体感しよう!のキャッチ画像

写真拡大

チームラボの個展「teamLab: Transcending Bounderies」が、東京・表参道のGYREで開催されます。会期は2016年8月9日(火)から9月25日(日)までの期間です。会場では、真っ暗な部屋に「Flowers on People」や「境界のない群蝶」「The Void」の3作品が展示されます。今まで見たことのない世界感に衝撃を受けること間違いありません。

teamLab: Transcending Bounderiesで展示する作品は?

チームラボの個展「teamLab: Transcending Bounderies」が、東京・表参道にあるファッション複合ビルのGYREで開催されます。真っ暗な部屋に展示してあるのは、鑑賞者に花々が咲き乱れる「Flowers on People」と、「境界のない群蝶」、「The Void」のデジタルアート3作品です。

●Flowers on People

Flowers on Peopleは、鑑賞者がいないと真っ暗で何もない空間です。鑑賞者が空間に入れば鑑賞者の全身に花々が咲きます。1年間の花々が咲いては散り、変化していく時間は1時間ほどです。花が生まれて成長し、蕾をつけてから花を咲かせ、やがて散り枯れて死んでいきます。つまり花は、誕生と死滅を永遠と繰り返し続けており、鑑賞者がじっとしていると花はより生まれ一斉に咲き渡るのです。作品はコンピュータのプログラムにより、リアルタイムで描かれ続けています。あらかじめ記録した映像を映し出しているわけではありません。全体として以前の状態は複製されず、鑑賞者の動作の影響を受けながら変容し続けています。そのため今この瞬間の絵は2度と見れません。瞬間、瞬間の美しい花を目に焼きつけませんか。

●境界のない群蝶/Flutter of Butterflies Beyond Borders

境界のない群蝶は、羽の模様を変容させながら空間の中を舞う蝶の展示です。同じ空間に展示している他の作品の中まで舞います。他のインスタレーション作品の空間の中や、ディスプレイの作品の中にもシームレスに飛ぶことで、作品のフレームとの概念を解き放ち、作品間の境界がなくなり曖昧な状態に。群蝶は、他の作品の中の花が咲いている場所に集まると、その作品の状態に影響を受けて飛んでいきます。また、鑑賞者が触れると死んでいくなど、鑑賞者の動作に大きく影響を受けるでしょう。

チームラボとは?

プログラマやエンジニア、CGアニメーター、絵師、数学者、建築家、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、編集者など、デジタル社会の様々な分野のスペシャリストが集結したウルトラテクノロジスト集団です。アート・サイエンス・テクノロジー・クリエイティビティの境界を曖昧にしながら幅広い分野において全国で活動しています。

チームラボ作品紹介:http://www.team-lab.net/
チームラボInstagram:https://instagram.com/teamlab_news/
チームラボFacebook:https://www.facebook.com/TEAMLAB.inc

イベント詳細
名称:個展「teamLab: Transcending Bounderies」
会場:GYRE
開催期間:2016年8月9日(火)〜9月25日(日)
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1
時間:11:00〜20:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:不定休、8月22日(月)
料金:無料
公式サイト:http://www.team-lab.com/