目に自信ある?

写真拡大

アンチエイジングというと、肌や身体のことを連想する人が多いかもしれませんが、老化現象が起こるのはそれだけではありません。歯や目も老化していくパーツなのです。しかし、そのことに気がつかずに対策をとっていないと、後々後悔することになりかねません。そこで今回は、目のアンチエイジングについてお話ししたいと思います。

若くても「スマホ老眼」の可能性!?

自分の目をまじまじと見る機会はそうないのではないでしょうか。しかし、この機会にぜひじっくりと観察してみてください。チェックするポイントは、下記の通りです。

□白目が黄ばんだり、濁っていないか。
□充血していないか。

その他、目そのものの機能もチェックしましょう。

□新聞や本を読むときに離して読むようになった。
□小さな字が読みにくくなった。
□頭痛や肩こりに悩んでいる。(時に吐き気がする)
□暗い場所では文字が読みにくい。
□視線を移した時にピント調節がしにくい。

20・30代の人で当てはまる項目がある人は、スマホ老眼の可能性が、40代以降の人は老眼の可能性があります。

スマホ老眼とは、近距離のスマホを見続けることで目の緊張が続き、ピント調節機能が正常に働かなくなる状態を指します。一時的なもののようですが、放置しておくと、症状が進み、重篤化することもあるようです。そのため、早めに対策をとることが大切です。

続いて白目の黄ばみやにごりの予防・解消法

白目の黄ばみやにごりの原因は、加齢、紫外線、PCやスマホを長時間使用することよる目の疲れ、糖化など。また、黄ばみは、黄疸など病気が引き起こしている場合もあるので、他に不調がないか注意して場合によっては速やかに受診しましょう。

白目の黄ばみやにごりを予防・解消するには、まずは紫外線対策です。外出の際はサングラスを使用する、メガネやコンタクトはUVカット効果のあるレンズを使用する他、飲む日焼け止めを利用するのも有効な手段です。

そして、PCやスマホなどを使用する際は、休憩時間を作る、ブルーライトカット眼鏡を使用する、目の疲れや充血をとる効果のある目薬を使用するといったことを心がけましょう。

糖化に関しては、糖質の高い食品の摂取を控える他、糖質の低い食品から順番に摂取するなど食べ方も工夫しましょう。

スマホ老眼や老眼を予防・改善するには、目を休める時間を作る、スマホやPCを使用する際は、40センチ程度目から離すといったことが大切です。

その上で、食生活を見直すことも忘れずに。

バランスのとれた食事をとることはもちろんですが、抗酸化作用の高いビタミン類、眼精疲労を予防したり、視覚機能を改善する効果などがあるアンドシアニン、紫外線やブルーライトから目を守る他、黄斑変性症や白内障などの加齢によって起こる目の病気を予防するのに効果があるルテイン(緑黄色野菜に多く含まれます。特にケールやほうれん草にはたくさん含まれています)なども積極的に摂りましょう。

気になる症状があれば早めに対策をとって、澄んだ白目と健やかな眼をキープしましょう。