画像

写真拡大 (全2枚)

 ブリヂストンサイクルとドコモ・バイクシェアは、サイクルシェアリング事業を普及させることを目的に共同開発を行うことで合意した。

 ブリヂストンサイクルとドコモ・バイクシェアは、サイクルシェアリング事業を普及させることを目的に共同開発を行うことで合意した。具体的には、現在のサイクルシェアリング事業で展開していない折畳み自転車等の新しい自転車や、IoTを活用した付属品・関連用品などを開発することで、2020年に向けて、機能やサイクルシェアリングの内容を充実させるなど、訪日外国人を含めた人々が使いやすいサービスの実現を目指す。

 両社は現在、ブリヂストンサイクルの折畳み自転車をベースとした車両と、ドコモ・バイクシェアが開発する管理システムを融合させた折畳みタイプの自転車を2017年後半より1,000台規模で展開すべく取り組みを進めている。また、電動アシスト技術「DUAL DRIVE」を活用した車両開発とドコモ・バイクシェアが開発する管理システムを融合させ、これまでは提供できていなかった電動自転車のシェアリングなども構想されている。

MarkeZine編集部[著]