ふとんのほか衣類、スニーカーの乾燥も

写真拡大

生活家電などを手がける仲佐(大阪府大東市)は、ふとん乾燥機「ふかふかドライ NFK-200」を2016年8月に発売する。

通常のふとんに加え、一般的なマットレスタイプでは隅々まで温風が行き届きにくかったという重めのふとんや大きなふとんの乾燥にも対応した「3Dエアバッグ」が付属。運転開始から数秒で大きく膨らむことで掛け布団を持ち上げ、敷き布団との間に大きな空間を作り、側面6箇所の吹き出し口から温風を吹き出す。また吹き出し口から空気が抜けるため後片付けも簡単だ。

コースを選んでスタートボタンを押すだけの簡単操作で運転が開始し、「乾燥」「ダニ対策」を行える。ホースをふとんに差し込むだけで、冬場などの就寝前にふとんを暖められる「足もと/あたため」コースを搭載する。

ふとんだけでなく衣類の乾燥のほか、付属の「くつ乾燥アタッチメント」を使用すればスニーカーの乾燥も可能だ。

価格はオープン。