映画「バイオハザード」最終作の邦題変更、ローラ出演の“最後の戦い”。

写真拡大

12月23日に日本で世界最速公開となるバイオハザード最新作にして最終作の邦題が変更されることがわかった。

これまで「バイオハザードVI:ザ・ファイナル」とアナウンスされていた同作は、「バイオハザード:ザ・ファイナル」として上映される。

モデル・タレントのローラがハリウッドデビューを果たすことでも話題の本作。彼女が演じるのは、ミラ・ジョヴォヴィッチ演じる主人公のアリスと共に、“最後の戦い”に挑む女戦士コバルト役だ。アリスと共に、物語の行く末に大きく関わる重要人物となっている。

南アフリカ・ヨハネスブルクとケープタウンでの撮影に参加したローラは、その模様を、TwitterやInstagramでも発信。大きく注目された。ミラ・ジョヴォヴィッチらとどのような競演を魅せるのか、今後の情報にも期待したいところだ。

映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」は12月23日、世界最速公開。