男子は「手をかけすぎカレー」が正直しんどい #男子の本音

写真拡大

男子のホンネ。それは「恋愛がしんどい」。

女子は恋愛をがんばるけど、そのがんばり、ちゃんと届いてる? 意外と男子はしんどいって思うことがあるんです。

今回のテーマは「女子が手間をかけて作るカレー」について。 一体、何がどうしんどいのか。男子のホンネを聞いてみました。

「気持ちはうれしいんだけど、結局、男はココイチみたいな、普通のカレーがいちばん好きなんだよね。『カレー作ったよ』と言われて楽しみにしてたのに、出てきたのがココナッツとかスパイスとかを使った本格インドカレーで、正直テンションさがっちゃったもん」

「カレーに手をかけすぎるタイプの女性は、"自己満"が入ってる気がするんだよね。あと、味覚が違うのかもしれないけれど、手をかけたところがおいしさに直結してないことが多い。健康なものよりおいしいものが食べたい」

「グリーンカレーとか、ベジタブルカレーとか、おしゃれカレーをつくられたところで、料理が上手だとは1ミリも思わない。むしろ味覚が合わないのかな、って思っちゃう」

普通のカレーがいちばん

多くの男性が女性に求めるのは、普通の家庭の味のカレーです。

手間と時間をかけて作ってくれる気持ちはうれしいですが、男性は女性がこだわった分だけリアクションに困ります。顔では微笑みながらも、内心では「普通のカレーのほうが絶対うまいよな〜」と思っているのです。

ヘルシーよりおいしいものが食べたい

男性はおしゃれなカレーに魅力を感じません。女性が意気揚々とカレーに趣向を凝らしているのを見ると「そんなことより早く食べたい」「ヘルシーより、とにかくおいしいものが食べたい」と思っています。

価値観の違いを感じる

どんなにこだわっていても、どんなに見た目がおしゃれでも、男性にとって「おいしい」と素直に感じる料理でなければ「料理が上手」にはつながりません。

また、男性は家庭の味にこそ安心感を感じるもの。あまりに想像と違う味だと、今後結婚したときを考え、味覚の価値観が合わないのかも...と不安に思ってしまいます。

男子にとっては、「カレーは普通がいちばん」というのがホンネです。料理上手をアピールしたいなら、あれこれ手をかけるのではなく、シンプルでおいしいものを目指すことが先決です。

普通の家庭的な具がゴロゴロ入ってる王道カレーを極めることが、彼の胃袋を掴むコツ。変なアレンジをかまさないように気をつけましょう。

image via Shutterstock