画像

写真拡大 (全2枚)

 ランサーズとセガゲームス セガネットワークス カンパニーは企業のデジタルマーケティング支援を目的とした合弁会社クロシードデジタルを2016年8月1日に新設した。

 2016年8月1日、ランサーズとセガゲームス セガネットワークス カンパニー(以下、セガネットワークス)は企業のデジタルマーケティング支援を目的とした合弁会社クロシードデジタルを新設した。

 ランサーズでは、クラウドソーシングを活用した企業向けソリューションサービス「ランサーズ for Business」において、コンテンツマーケティング支援に取り組んできた。一方、セガネットワークスではマーケティング支援サービス「Noah Pass(ノアパス)」を通じ、ゲーム事業会社に対して無料で利用できるアプリ間相互送集客システムやゲーム内課金以外の収益化機会を提供してきた。また、ゲームユーザーへのプロモーションを希望する企業向けにはO2Oサービスを含む広告メニューの開発・提供を進めている。

 両社はこうした展開で得た各々の強みを活かしながら新たなデジタルマーケティング支援事業を展開すべく、本合弁会社を設立することとなった。
合弁会社クロシードデジタルの事業スキーム

 ランサーズはクラウドソーシングを活用し、400社を超える企業のマーケティング活動の制作・運用を支援。加えて、コンテンツをもとにオーディエンスデータを生成する「Quant(クオント)」の提供を行っている。セガネットワークスの「Noah Pass」は、参画ゲーム企業135社、ゲームアプリ784タイトル、累計接触端末数は1億4,534万台、月間ユーザー数は約1,236万人という規模を持つ(2016年6月末時点)。

 両社は合弁会社クロシードデジタルの下、これらのサービスを連携し、データ活用、送客・広告配信、制作・運用、ビジネスマッチングといった企業のマーケティング支援を行っていく。その第一弾として、ゲームキャラクターの情報データベースサービス「Expi(エクスピ)」の提供をゲーム事業会社向けに本日より開始。また、今後同サービスと親和性の高いウェブメディアを連携したネットワークを創出し、ゲーム事業会社、異業種企業双方のデジタルマーケティング活動を支援できるサービスを提供していく予定。

MarkeZine編集部[著]