鎌倉製作所ブースで参考展示されていた冷水循環式次世代クールウェア「COOLEX-1」シーリーズ(撮影:防犯システム取材班)

写真拡大 (全4枚)

 さまざまな作業現場で、熱中症対策を目的とした製品が登場しているが、ある意味で特殊な対策が必要となるのが、溶接や炉前作業、鍛造、鋳造作業など、酷暑現場といえる製造現場だ。

 7月22日まで東京ビッグサイトで開催されていた「第2回 猛暑対策展」に出展していた鎌倉製作所は、2017年の夏発売に向けて開発を進めている冷水循環式次世代クールウェア「COOLEX-1」シーリーズ(CW-WABLA/CA-WBBLA)を参考出展した。

 内部に冷水を循環させることで、作業者の体温上昇を抑制。効果的な冷却が期待される動脈が通る首元や上腕もカバーすることで、高い冷却効果が期待できるそうだ。

 構成としては、ウェア、ミニチラー(水を循環させるための機材)、接続ホース、ACアダプターとなっていて、ホースの届く範囲内でしか行動ができないという制約はあるものの、ファン付き作業服よりも高い冷却効果が期待できる。

 循環させる冷水に関しては、7度から20度まで温度調節が可能で、溶接や炉前作業、鍛造、鋳造作業など、35〜50度にもなるような酷暑現場での利用を想定している。

 防炎布地タイプ(CA-WBBLA)もラインナップされているので、溶接や炉前作業時にも安心して使うことができるだろう。

 価格は50万円前後を予定しており、接続ホースは4mのものが使われている。サイズはフリーサイズで、S〜2Lまで対応する。

■関連リンク
防犯システムNAVI
防犯システムNAVIデータベース