ビタミンやミネラルがたっぷり含まれる

写真拡大

【ガッテン!】(NHK総合)2016年7月27日放送
「オクラ!ネバネバパワー新伝説」

ネバネバが特徴の夏野菜「オクラ」。ビタミンやミネラルがたっぷり含まれ、体に良いことでも知られている。

そんなオクラにちょっとした工夫を加えるだけで、健康効果がさらに絶大になる。そうめんからスイーツまで、様々な食材を美味しく、健康的にするレシピとは。

オクラ5本と水で「超ネバネバオクラ」つくろう

番組で6人の女性にそうめんを食べてもらい、その後血糖値をはかる実験を行ったところ、食後30分のうちに血糖値の平均が急上昇した。

血糖値が急激に上がると、体への負担が大きく、太りやすくなる。そうめんは意外とダイエットの天敵ともいえる食材なのだ。

そんなそうめんも、オクラと一緒に食べれば、血糖値の上昇が抑えられる。

生のオクラを細かく刻んで、オクラ5本分に対し大さじ2を目安に水を加える。納豆を混ぜるようにかき混ぜれば、「超ネバネバオクラ」の完成だ。

オクラのネバネバ成分は「水溶性食物繊維」という。切り口が水と触れ合うと、この成分がどんどん溶け出し、ネバネバ度が増す。

オクラと糖質を含む食品を一緒に食べると、糖分をネバネバが包み込んだまま消化されていき、吸収を抑えてくれる。糖尿病の予防になり、ダイエットにも役立つ。

超ネバネバオクラとめんつゆを1:1の割合で混ぜたつゆで、再び女性6人にそうめんを食べてもらうと、血糖値の上昇が約3割抑えられた。

ヨーグルトや白玉と合わせてもGOOD

糖分の多いアイスクリームも健康的に変身する。

超ネバネバオクラ50グラムに対し、はちみつとレモン汁各大さじ1を加え、アイスクリームと混ぜ合わせる。粘り気のある「トルコ風アイス」や、ムースのような食感になる。アイスクリームだけでなく、ヨーグルトのトッピングや、白玉のあんに使っても美味しい。

超ネバネバオクラ50グラムにマヨネーズ大さじ2、塩こしょう少々を加え、キャベツや卵など好みの食材と混ぜ合わせれば、ネバネバ効果でこぼれにくいサンドイッチの具にもなる。

超ネバネバオクラはジッパーバッグなどの密封袋に平たくして入れ、冷凍保存も可能だ。凍ったまま好きな量を割って使える。

オクラ以外のネバネバ食材も糖分の吸収を抑えてくれるが、オクラ自体に含まれる糖質の量が他の食材に比べ少ないので、最も効果が期待できる。