みなさまには独自のストレス解消法があったりしますか?
今回は「もしかしてこんなのって私だけ?」というような、ちょっぴり変わったストレス解消法についていろいろな証言を集めてきました。皆さまが共感できるか否かはわかりませんが、それでも存分に楽しんでもらえれば幸いです!

【エントリーNo.1】 変顔選手権を開催する

「私はストレスが溜まったときに、ひとりで変顔をひたすらやり続けます。鏡の前で飽きるまで続けている姿を誰かに見られたら、絶対にドン引かれると思うけど。それをやるとなんかスッキリするんですよね〜」(20代/女性)

▽ 自分の変顔を見て大笑いをすることによってストレスが吹きとんでいる可能性もありますし、変顔をするために存分に顔筋を動かすことがポイントなのかもしれません。
ハッキリとしたことはわかりませんが、いずれにしてもちょっと(いや、かなり?)楽しそうなことだけはじゅうぶんに伝わってきました。

【エントリーNo.2】 ホコリを1か所にまとめて掃除機

「部屋中のホコリを部屋の真ん中に集めてきて、さんざん眺めたあとに掃除機で一気に吸い込みます。あんなにはびこっていたホコリも、掃除機にかかれば一瞬で終了! だなんてなんて呆気ないものだろうと思うと、なんとも言えないスッキリ感が味わえる」(20代/女性)

▽ ほんの少し、黒い部分が見え隠れするようなこの意見。でも、なんだかちょっとわかる気もします。一気にスッと消える感じが、思わずやみつきになりそうです。

【エントリーNo.3】 裸でダンス

「私はストレスが溜まると裸になって踊り狂います。自分ではそんなに変なことだとは思っていなかってのですが、友だちに話すと必ず大笑いされるかドン引きされます。私のほかにも、絶対にやっている人いると思うんだけどなぁ。そうだ、今度ストレス溜まったらぜひやってみてください! きっとハマりますから」(20代/女性)

▽ 一糸まとわぬ素の状態が気持ちいいということでしょうかね。たしかに、踊りまくっても(もともと裸の状態なら)そのままシャワーを浴びられるので、そう考えると理にかなったいいアイデアなのかもしれません。興味がある方は、ぜひ!

【エントリーNo.4】 第3外国語で勝負

「日本語と英語以外(できればマイナーな言語がいい)ならたとえ仕事中でも相手にバレずに文句が言える。バカにされいるのに気づきもしないなんてと、ある種の優越感にも浸れるからオススメ」(30代/女性)

▽ 教養も身につくし、リアルタイムで文句も言える! まさに一石二鳥のストレス解消法ですね。

【エントリーNo.5】 包丁をとぐ

「包丁をとぐときの音が好きです。だから私の場合は、その音を聞くためにゆっくりとぎます。料理人が使う包丁のようになるのではないかと思うくらい、丁寧にとぐとストレス解消になるんです」(30代/女性)

▽ 包丁の切れ味も保つことができて、かつストレス解消にもなっているなんてすばらしい! でも、くれぐれも髪の毛を振り乱しながらとがないでくださいね。うっかり夜中にそれを目撃してしまったらトラウマになりそうです……。

ストレスの解消法って、十人十色なんですね!