マタニティマークは“妊娠様アピール”!? 理解されない本当の理由

写真拡大

蹴られた、ぶつかられた以外にも「妊娠しているからって偉そうにすんな!」「妊婦様アピールすんな!」と罵声を浴びせられた、こんな経験を持つ人もいます。

マタニティマーク「付けない派」はどのくらい?

それを聞いて「マタニティーマークは危険だからお腹の赤ちゃんを守るためにあえてつけない」という判断をする妊婦さんがいます。

わずかなパーセントでも、これを付けていることで蹴られたり、突飛ばされたりするのであれば、つわりを我慢して立っている方がマシと考えて、“付けない方がいい派”が増えているのも頷けます。

そこで、今日は『〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ』の著者の立石美津子がお話します。

便利なマタニティマークの“妊娠様アピール”という解釈

特に、妊娠初期は流産の危険やつわりもあり、特に揺れで足下が危うく急停車もある電車では極力座りたい時期です。混雑している場合は、お腹に圧力がかからないように、と心配もあります。
しかし、見た目お腹が膨らんでいませんので周囲にはわかりません。

そんなときこのマークは自分が妊娠している事を示すマークとして有効です。

私が妊娠した16年前はこんなマークはありませんでした。妊娠初期、切迫流産しかけて通院中、電車の優先席に座っていたら前にお婆さんがやってきて「席を変わってよ!」のビーム(=光線)をビンビンと送られました。「すみません。体調がひどく悪くて」と勇気を奮って断りました。「今は便利なマークができたものだな」と思います。


2006年に作られた「マタニティマーク」。妊婦に対する社会の気遣いや配慮を目的に作られました。
けれども今、このマタニティマークが「席譲って欲しいアピール」「気を使って欲しいアピール」のように思われている節があります。

なかなか理解されない、マタニティーマークの意義

マタニティーマークの目的として、厚生労働省のサイトには「妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの」「妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの」とあります。

また、災害や交通事故にあったとき、妊娠初期でお腹が目立たない妊婦がマタニティーマークを付けていれば、救命隊が適切な対応ができます。

妊娠中の体調には、つわりがひどい人軽い人など個人差があります。元気な人は席に座る必要もないかもしれません。けれども、吐き気、貧血、トイレが近い、ホルモンバランスの崩れによるイライラなど通常とは違う体調になる人がいます。

これは赤ちゃんが身を守るため「お母さん、休養して」のサインです。

しかしこれらの症状は長く続く事も多く、生活のために体調不良を押して外出せざるを得ない、といった人も多くいます。

一方で、妊婦側も意識すべきこと

電車の優先席で80歳くらいの老人が前にいて自分が妊婦。
どっちが席の優先権を得られるでしょう?

そんなとき「妊娠しているんだから座るのが当然」と考えてはいけません。その老人はひどく疲れていたり、内部疾患があり座っていられないのかもしれません。

そんなとき、マタニティマークをぶら下げて「“妊婦様“なんだから! 私に譲ってよ!」という態度で居ると、相手に不快感を与えることもあります。

3歳児と80歳の老人が優先席付近にいる場合も「幼児が優先か?老人が優先か?」迷いますよね。

こんなときは、譲り合いの精神で「私が座って当たり前」という態度をしない気遣いが大切です。

また、せっかく席を譲ろうとしたのに「気を使ってもらったら申し訳ない」の気持ちが強すぎて「いいえ、結構です!」とつっけんどんに断るのも相手に不快感を与えます。

言葉に出さないとしても、上手に「席を譲ってほしいオーラ」「いいえ、私は立っていても大丈夫ですオーラ」を出すことができるといいですね。

様々な「マーク」への理解が進まない原因

このように、妊婦意外にも、老人・子ども、体調がすぐれない人、疲労感がひどく座りたい人、内部疾患のある人など、思いやりを必要とする人はたくさんいます。
そんな中「妊婦だけが優遇されるなんておかしな話だ」という意見もあるようです。

「ヘルプカード」は、見た目ではわからない問題を抱える人のために作られました。

『緊急連絡先や必要な支援内容などが記載された「ヘルプカード」は、障害のある方などが災害時や日常生活の中で困ったときに、周囲に自己の障害への理解や支援を求めるためのものです。

また、現在、区市町村において、ヘルプカードの他、SOSカードや防災手帳など、地域の実情に応じたさまざまなカードや手帳などが作成されています。』(東京都保健福祉局)


このような“思いやり”を推奨する様々なマークが登場する一方、これらのマークには障害者手帳や母子手帳などの提示の必要がなく、“誰にでも手に入れられる”ものが多い事も問題視されています。

ごく一部ですが、自分に都合よく利用するために手に入れている人が居るという話もあり、このような事によって、マークの役割が軽視されてしまうのではと危惧されています。

しかし、これらのマークに頼らなくても自分が辛いとき「○○なので助けてください」と言える勇気、そして周囲も相手の状況を察してすぐに助けの手を差し出せる、そんな社会になればいいと思います。

妊婦もマタニティーハイになって、興味のない人に胎児の超音波画像を見せたり、不妊の人に「あなたも早くできるといいね」と言ったり、赤ちゃんだけの年賀状を取引先の会社にまで送るなど、無神経な“妊婦・産婦アピール”をしないよう勤めなくてはいけませんね。

“妊産婦・子どもにやさしい環境”はなぜ必要?

出産後、家計を支えるため職場復帰しようとしたけれども、保育園が建設途中で地域住民の反対で開園が延期された、開園はされたけれども「子どもの声がうるさい!」と近隣から苦情が出て園庭で子どもを遊ばせることができない、窓を閉め切って保育という園もあります。

確かに老夫婦で静かに暮らしている人、深夜の居酒屋や警備員の仕事をしていて日中は寝ている昼夜逆転の生活をしている人も住んでいます。
そこで、毎日、毎日、100人近くの子どもが園庭で声を出し走り、鼓笛隊の練習をする状況が続いたら耐えられなくなります。
でも、自分も子どもの頃、同じように迷惑をかけながらも周りの理解を得て育てられて大人になっています。

子どもの健全な身体と精神の発達にとって、園庭で走ったり声を出して騒いではいけない、鬼ごっこやかくれんぼをするとき声を出してはならない、とするのは人間形成上よくない環境になります。

少子化問題による人口減少により、土地やマンションも車も売れなくなる、空き家問題、学校も定員割、年金制度の破綻などこれ以上、日本人が減ると社会のしくみそのものが崩れていきます。

今、妊婦のお腹にいる胎児が未来の社会を支えていく担い手となります。
老人になった私達を支えてくれる大人になるわけです。

そう考えると妊婦をみんなで守ることは必要です。
たとえ自分が独身であっても、不妊治療中で妊婦を見るのが辛くても、「私の代わりに私の老後を支える担い手を育ててくれる人」と妊婦を捉えてはどうでしょうか。

★リサーチ実施中★ あなたはマタニティマーク「付ける派」「付けない派」?