ダンスで演奏できる楽器「KAGURA」、Kickstarterで資金調達を開始

写真拡大

ウェブカメラとPCがあれば、誰でも体を動かすだけで音楽を奏でられる次世代の楽器「KAGURA」。開発元のしくみデザインが、製品版の本格ローンチに向け、Kickstarterでクラウドファンディングを開始した。

楽譜が読めない、楽器が弾けない、演奏できる場所がない…。音楽を演奏してみたいと思っても、実際に自らの手で音楽を奏でるまでには、越えなくてはいけないハードルがいくつもある。そんな挫折の種をすべて取っ払って、感覚的に音楽を奏でられることを可能にしたのが、体の動きによって演奏できる楽器「KAGURA」だ。

「ダンスで演奏できる楽器「KAGURA」、Kickstarterで資金調達を開始」の写真・リンク付きの記事はこちら

楽器といっても、KAGURAはPC用のアプリだ。パソコンに接続された深度カメラが人の動きやジェスチャーを正確に検出し、演奏者は画面上のアイコンに手をかざすことによって自由に音楽を演奏することができる。特別な技術や機械がなくても直感的に演奏できる手軽さに加え、映像にあわせて音が出るため、例えば音楽とダンスを組みあわせるなど、新しいかたちのパフォーマンスができることも大きな魅力だ。

この楽器を開発したしくみデザインは、2014年にインテルコーポレーション主催のIntel® Perceptual Computing Challenge 2013でグランプリを受賞。エレクトロニックミュージックを中心とした音楽フェス、Sonar内のスタートアップコンペ「Sonar+D Startup Competition 2016」では、日本からは初のグランプリを受賞している。

そんな国内外から大きな注目を集めるKAGURAが、今回製品版のローンチに向けてKickstarterでのクラウドファンディングを開始した(プロジェクトページはこちら)。2015年にはWindows用のベータ版が発表されていたが、製品版ではMac対応のアプリも展開されるという。資金調達は2016年8月25日まで行われ、目標額は2万ドル(約210万円)だ。