92%の人は目標達成できていないとの調査結果。では、そうでない人はどうしてる?

写真拡大

新年になにか抱負を立てた人。順調ですか?米・スクラントン大学の調査によれば、その92%は未達成に終わっているそうです。

「新年の抱負ランキング」によると、1〜5位は、痩せる、計画的になる、ムダ遣いを減らして貯金を増やす、人生を楽しむ、健康維持する。そのほかにはタバコをやめるとか、恋をするなんてのもありました。が、なかなか難しい模様。

8%の達成者は知っている?
忘れちゃいけない8つのコツ。

じゃあ達成できる人たちって何が違うんでしょう?「Inc.com」はさまざまな調査を元にして研究した結果、そのヒントを紹介しています。まとめると下記のとおり。

・目的を具体的に、かつ無理なく設定する。

・一つひとつの目標を整頓すること。

・達成に向けて、熱意をもって取り組む。

・進捗を報告しフィードバックを受けるサイクルを作る。

・信頼できるアドバイザーを頼る。

・マルチタスクしない。

・習慣化して繰り返す。

・最後まで諦めない。

よく耳にすることではありますが、改めて意識しておくと良さそう。ただし、こんな意見もあるので要注意。

目標は公言すると、
やる気がなくなる。

ニューヨーク大学で心理学に携わるPeter Gollwitzer教授の研究によれば、思っていることを発言して他者の理解を得ると、達成してないのにも関わらず脳が満足し、“もういいや”ってな心境になってしまうそうです。

さっきまで溢れんばかりに湧いてきていたモチベーションがウソのように消えてしまう危険性が。

いつの間にか人知れずしれっと成果を出している人っていますが、アウトプットだけでわからせてやる!というような意気込みが利くのでしょうか。

上のコツを試して、アドバイスを受ける際には、目的についての評価は受けずに軌道修正にフォーカスして意見を頂戴したほうが吉と出るかもしれません。これから目標を設定する人は参考程度に覚えておきましょう!

Reference:Statistic Brain,Inc.com,CiteSeerX