人口の減少やデフレ、低迷する経済成長率などを理由に、中国国内では日本経済を嘲るような論調があるのは事実だ。だが、中国メディアの外匯通はこのほど、「日本は今なお世界の強国だ」と指摘したうえで、むしろ中国のほうが先進国になるためのチャンスを掴めるかどうか微妙なところであることを伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 人口の減少やデフレ、低迷する経済成長率などを理由に、中国国内では日本経済を嘲るような論調があるのは事実だ。だが、中国メディアの外匯通はこのほど、「日本は今なお世界の強国だ」と指摘したうえで、むしろ中国のほうが先進国になるためのチャンスを掴めるかどうか微妙なところであることを伝えている。

 記事は、世界各国は日本経済に対し、「もはや救いようがなく、死に体だと考えている」と主張し、日本経済は約30年にもわたって低迷を続けていると主張。だが、日本が高度に発達した国であることや、日本国民の豊かさについては誰も否定できない事実であると論じた。

 続けて、日本は中東諸国のようにエネルギー資源によって豊かさを手にした国ではなく、「第2次産業や第3次産業によって莫大な国内総生産(GDP)を生み出している」と主張。世界第3位のGDPを誇り、日本国外にも莫大な資産を有していると論じた。

 さらに、日本が本当に豊かな国かどうかは、日本人の平均寿命を見ればわかるとし、世界有数の長寿国であるには真の豊かさが必要であると主張。経済成長率の低迷から日本経済を見下すのは間違っていると指摘したうえで、「日本は今なお世界の強国であり、中国は日本を見くびってはならない」と論じた。

 中国のGDPが日本を抜いて世界2位となったのは誰もが知る事実だが、中国には13億人を超える人口と広大な国土がある。規模でみれば中国経済が世界2位であるのは間違いないが、質で見れば中国経済はまだ開発途上の段階と言えるだろう。中所得国となった後に経済成長が低迷することを「中所得国の罠」と呼ぶが、中国は現在、成長モデルの転換を迫られており、一部では中国は「中所得国の罠」に陥る可能性は高いとの見方もある。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)