「いつもありがと♡」お礼のキスをするサイの赤ちゃんがかわいすぎる

写真拡大

「Rhino Orphanage」は、南アフリカ共和国にあるサイの孤児院。

ここに連れてこられるサイの子どものお母さんは、そのほとんどが角目当てで行なわれた狩猟によって殺されました。

同施設では、ひとりでは生きられないサイの子どもたちを保護し、自然にかえすまでの一連の活動を行なっています。





ローラ・エリソンさんは、この施設で働く動物看護師。

彼女はグレイスというサイの女の子を担当しているのですが、彼女がインスタグラムに載せるグレイスの姿に感動した人たちからは、「サイがこんなに愛情深い動物だったなんて!」と多くの声が寄せられているようです。





いつもそばに

毎朝の散歩を終えると、グレイスはローラさんにいつも「ありがとう」の気持ちを込めてキスをしてくれます。

大きなお顔がこんなに近くにあるなんて、初めはちょっとビックリしそうですが、良く見ると、とてもやさしくハムハムしているみたい♪



寝ている時もぴったり寄り添って

甘えん坊のグレイスは、ローラさんを母親のように思っているのでしょう。こんなふうに無防備な姿も見せてくれます。





ローラさんはこう語ります。

「サイは同志愛をとても大切にする生きものです。子どもの頃は母親と一心同体のように行動し絆を深めていくので、人の手で育てる場合も愛情をたっぷり注ぎ触れ合うようにしているんです」





グレイスはいつか自然に帰らなければなりませんが、それまではこの施設で思う存分甘える姿を見せてほしいですよね♪

ローラさんとグレイスの心温まるインスタグラムはこちらから。

Instagram(lauraellison)

https://www.instagram.com/lauraellison/

動物(まとめ)