変わり種カップヌードル

写真拡大

日清食品は2016年7月18日、「カップヌードル ミーゴレン」を発売した。

インドネシアの甘辛焼きそば「ミーゴレン」がカップヌードルになった。同シリーズとしては珍しく、湯切りして食べるタイプだ。別添のフライドエシャロットをかけて仕上げるのも面白い。

熱いうちに食べきれ!

「トムヤムクンヌードル」「シンガポール風ラクサ」(同日リニューアル発売)など、エスニック料理をイメージした商品が好評を博してきたカップヌードル。エスニックシリーズファンにミーゴレン人気、さらに「湯切りするカップヌードル」という珍しさもあいまって、食べてみる人が相次いでいるようだ。

ツイッターでは、

「カップヌードルのミーゴレンうめぇ。東南アジアの屋台飯っぽい味」
「トッピングがフライドエシャロットだって。面白いね。香りが良いし甘辛くて美味しい」
「辛いけどかなり美味しい!コンビニから早く消えてしまいそうなので、買いだめしとこうかな」

など、高評価が続出。

「チーズと、温泉卵入れたら更においしい!!」
「目玉焼きとパクチーを添えて、おうちカフェ♪」
「ミーゴレンを作った後のお湯にネギ・ナンプラーを加えてスープにしたら美味だった」

と、アレンジレシピも色々と報告されている。

一方で、「冷めるとめっちゃ麺が合体する」との注意喚起も。作ったらなる早で食べるのがよさそうだ。

希望小売価格は180円(税別)。