新たな設計を取り入れた「石窯ドームシステム」を採用(写真は、「石窯ドーム ER‐PD7000」グランホワイトとグランレッド)

写真拡大

東芝ホームテクノは、容量30リットル以上のオーブンレンジにおいて、奥行きが業界最小の過熱水蒸気オーブンレンジの新製品「石窯ドーム ER‐PD7000」を、2016年8月上旬に発売する。

奥行きの寸法が、総庫内容量30リットル以上のオーブンレンジにおいて業界最小の39.9センチメートル。ハンドルを含めても、奥行き寸法は44.2センチメートルのため、奥行きモジュール寸法45センチメートルのレンジ台に納まるサイズ。庫内も、幅と高さを広くとった「ワイド&フラット」構造(間口41.5センチメートル、中央部の最大高さ24.1センチメートル)を施した。

オーブン調理で熱風循環を促進するため、「石窯ドーム構造」の庫内の四隅を従来よりも丸くするなどの新しい設計を取り入れた「石窯ドームシステム」を採用。業界最高の350度の高温、200度まで約5分の早い予熱、焼きムラを抑える横に広い「ワイド熱風」によって、パンやお菓子・ケーキ、惣菜の焼き上げに適している。

レンジ調理では、2つのセンサーを組み合わせた「高精度ダブル赤外線センサー」を新たに搭載。庫内の中央部分を固定して連続的に検知する「センター赤外線センサー」に、8つ目赤外線センサーをスイングさせて、庫内の1024か所を細かく検知する「1024ポイント赤外線センサー」を組み合わせることで、きめ細かいレンジ加熱を可能にした。それにより、約50グラムの小容量から600グラムまでの、容量に適した解凍ができるほか、450の自動調理メニューが簡単に選べる「カラータッチ液晶」も新たに搭載した。

また、いずれも奥行き寸法が39.9センチメートルで、大型ホワイトバックライト液晶採用の「石窯ドーム ER‐PD5000」を9月上旬に、オーブン温度300度の「石窯ドーム ER‐PD3000」を8月下旬に発売する。

色はいずれも、グランホワイトとグランレッドの2色。オープン価格。