アプリ開発は身体性を帯び、現実世界はよりデジタル化していく

写真拡大

コグニティヴ(cognitive)・コンピューティングやロボット、AIなど、プラットフォームやデジタルテクロジーは、人の作業を減らし、よりクリエティヴな方向へ向かわせている。しかし、法人向けアプリ開発の第一線で活躍するジェナの手塚康夫は、アプリ開発は、それとは逆にフィジカルな作業へと移行しつつあるという。