わが子が将来「話し下手」になってしまう親のNGフレーズ3つ

写真拡大

「ねぇねぇ、あのね……」と、育ちざかりの子どもはおしゃべりが大好きですよね。

忙しくしている時は、つい子どもの話を適当に聞き流してしまいがちです。でも、親のしつけ次第では子どもが将来話し下手になってしまう危険性が!

そこで今回は、北海道苫小牧市内にある子育て支援センターで勤務している女性に、子どもが将来話下手になってしまう危険なフレーズについて伺ってきました。早速チェックしていきましょう。

 

■NG1:「またあとでね」

「自分の思いを伝えたくて、子どもは話を聞いてくれる前提で親に話しかけています。それを『またあとでね』と適当に流してしまっては、子どもの話す意欲を消してしまうことにつながってしまいます」

なにかと忙しく、つい話を「あとでね」と流してしまうことがあるかと思います。実際、「あとで話を聞くから」と言ったところで、話を聞くことを忘れてしまってそのまま……ということがほとんどでしょう。

子ども自身も、“今、話したい”“今、話を聞いてほしい”という気持ちで話しかけてきているので、後まわしにしてしまうことで“自分が話すことは、母親の優先順位が低い”と子どもながらに解釈してしまうようです。

「手が離せないときがあると思います。そんなときは、『今コレをしていて聞けないから、コレが終わったら聞くね』といったように、漠然と“あとでね”と流してしまうのではなく具体的にどれくらい待てば話を聞ける状態になるのか示しておくのが効果的です」

こうすることによって、母親の事情を理解し、自分の言いたいことをしっかりと伝えられる子どもに育つのです。

■NG2:「もうわかったから」

「子どもは、大人のように端的に話すのが苦手なので、話が長くなりがち。でも、そこを『もうわかったから』とイヤそうにしてしまっては、楽しい会話にはつながりません。自分が話を始めることによって、雰囲気が重くなってしまうと感じると、子どもがどんどん自分から話をしなくなってしまいます」

結局なにが言いたいの? と言いたくなるような長々とした話の日もあることと思います。しかし、そこでもうわかったから! と話を切ってしまっては、お子さんは“話をしなくてもわかってくれる”と解釈してしまうんだとか。

母親として多少気持ちを汲み取ることはできても、実際になにも話を聞くことが出来なければ子どもの考えを理解することは難しくなってきます。イヤそうに話を切ってしまうことなく、子どもが積極的に話をしてくれる環境を作ることで、話し上手な子に育てていきましょう。

 

■NG3:「それ、前も聞いたけど」

「一番ある失敗が、『それ前に聞いたけど!』と言ってしまうことです。大人でもそういう失敗はありますし、それを友達に突っ込まれてしまうとショックですよね。子どもだって同じです。

話をするうえでの失敗を責めることで、話をする楽しさや喜びより“話を間違って2回してしまったときの恥ずかしさ”が先立つようになってしまいます」

特に幼いお子さんの場合は、印象深い出来事を2度では済まず3度、それ以上……と話してくることがあります。それは、その出来事に執着していることではなく“伝えたい気持ちが大きい出来事だった”と受け止めるようにしましょう。

何度も同じ話をすることを失敗だと責めたり、恥ずかしいという気持ちにしてしまったりすることなく、遠慮なくなんでも言える関係性を保っておくことによって子どもが話上手に育つとのことです。

 

いかがでしたか? 時間や気持ちに余裕が無ければ、お子さんの話を綺麗な心で聞いてあげることは難しいことです。いつでも寛容な気持ちで、今しかできないお子さんとの会話を楽しんでみませんか? そうすれば、自然と話しが上手な大人へと成長を遂げてくれることでしょう。

(ライター 清水希枝)

 

【関連記事】

※ 続かなかった…!ママ達に聞いた「習わせなければ良かった」子どもの習い事

4位手洗い、2位食事のマナー「子どもにしつけたい事」勉強より大事な1位は?

賢い親ほどやりがち!? 「子どもをダメにしてしまう」NGしつけ5つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

※ キレイママがこっそり使っている「100%天然シャンプー」

※ たったこれだけ!? メラニンを防ぐ日焼けに負けない美肌の作り方

 

【姉妹サイト】

※ たったソレだけで…!? 誰でも簡単に「お金を貯められる」方法3つ

「いやげ物」キター!正直ガッカリな海外土産…3位民芸品より嫌なのは

 

【画像】

※ Gladskikh Tatiana / Shutterstock