2種類のノズルを採用した独自の「エアブロー機能」を搭載(写真は、「TC‐ZXF30P」)

写真拡大

三菱電機は、強い吸引力持続とキレイな排気を両立したサイクロン式掃除機「風神」の新商品で、新たに開発した2種類のノズルを採用した独自の「エアブロー機能」によって掃除がしにくい面倒な場所のゴミも風で吹き飛ばして掃除する「TC‐ZXF30P」を、2016年8月1日に発売。

新たに開発した「エアブローノズル(幅広)」と「2WAYロングノズル」の2種類のノズルを採用。キレイな排気で掃除がしにくい場所のゴミを吹き飛ばして掃除する「エアブロー機能」を強化した。

ノズル先端から約50センチメートル先の吹き出し風の幅を従来機種に比べて約2.6倍にする「エアブローノズル(幅広)」で、玄関やベランダの掃除機で吸いにくい砂埃や落ち葉などを手早く吹き飛ばして掃除。また、「2WAYロングノズル」は家具の隙間やテレビ裏などの掃除がしにくい面倒な場所のゴミを吹き飛ばし、サッシレールにこびり付いた砂埃なども先端の馬毛でかき出して掃除する。

走行車輪と逆方向に回転するブラシを採用し、回転ブラシによってかき出したゴミを効率よく吸引する、ふとん専用「アレルパンチふとんクリーンブラシ」を搭載。ブラシ底面部と回転ブラシ(黄色植毛のみ)には「アレルパンチ植毛」を採用してダニの死がいやフンなどのアレル物質を抑制。強力かつ清潔に、ふとんを掃除する。

軽量・コンパクトながら、強い吸引力の持続とキレイな排気を両立。アルミフレームモーターの使用で、軽量・コンパクトな本体質量2.9キログラムを実現したほか、ゴミをためる集じん部と遠心分離するサイクロン部を別にした独自のサイクロン構造で、吸引力を99%以上持続させ、たまったゴミの撹拌、粉砕も抑えて排気のニオイを抑制。さらに、モーターの前後に搭載した2種類のフィルターで0.3マイクロメートル以上の微細なゴミを99.999%まで捕集するので、排気がきれいで掃除中の換気もいらない。色は、ブラウンゴールドとシャインレッド。

同時に、「TC-ZXF20P」も発売する。色は、メタリックブルー。

いずれも、オープン価格。