スペインには「Twitterで運営される」都市がある

写真拡大

スペインに、住民の半数以上がTwitterを利用して、市長と対話したり、要望を市に伝えるのに使っている町がある。市職員は全員アカウントを持ち、日々の活動を市民に伝えている。

「スペインには「Twitterで運営される」都市がある」の写真・リンク付きの記事はこちら

グラナダから数kmのところに、人口の半数以上がTwitterを使って、市長と話をしたり、危険を知らせたり、行政手続きの厄介ごとを解決している場所がある。若者たちから、80歳以上の人々まで、あらゆる人々が使っている。支出の見直しがオンラインで行われ、ソーシャルネットワークが公的サーヴィスを提供したり市民の日々の生活を改善するために利用されている「デジタル天国」だ。

これは、住民3,500人の小都市フンのことだ。在住者の半分以上がTwitterをコミュニティ生活への市民参加のツールとして利用している。これを先導しているのが、社会主義者の市長、ホセ・アントニオ・ロドリゲス・サラスだ。彼は2005年以降、このアンダルシアの都市でテクノロジーの小さな、しかし着実な実践を積み上げている。

実を言うと、フンはEUのプログラム「eEurope」が推進した前世紀末のデジタル化レースにおける先駆者だった。1999年に、フンは全ての住人がインターネット接続を持つ権利を宣言した。2年後に、最初のインタラクティヴな(双方向の)市議会を発足させて、元EU大統領ロマーノ・プローディにより「インタラクティヴ民主主義の誕生の地」と名付けられた。しかし具体的には、どのようにしてTwitterは、フンを他に類を見ないデジタル民主主義の事例にしたツールとなったのだろうか?

ここではTwitterは、地域の医師の予約を取るための、また、警察に告発を行うための手段だ。ソーシャル・ネットワークは、市長や市の職員を市民と結びつける導き手となる。公的機関や公人とそのフォロワーの間に通常ある垂直的な関係とは異なる社会的ネットワークを作る、水平的なアプローチだ。

2011年以降、ロドリゲス・サラスは市の副市長から清掃員までの全ての職員にTwitterのアカウントを作成して、自分たちの活動を市民に知らせるように求めた。市長の計画では効率と節約ももたらすはずの、透明性の要求だ。数字は市長の見通しに応えているようだ。というのも、2011年以降、市の予算の節約は13%となったからだ。年約45万ユーロのさらなる財源だ。非常に活動的な市長のTwitterアカウント(41万4,000フォロワー)では、公的な告知がハッシュタグとRTにより伝えられている。

市が雇用している作業員のミゲル・エスピガレスは次のように街灯修理による交通状況を知らせている。

Aviso, se van ha reparar unas farolas en el acerado de Jun a San Jerónimo perdonen las molestias de tráfico @JoseantonioJun @AyuntamientoJUN

- Miguel Espigares (@elgranespi) 2016年6月9日

告知:フンのサン・ヘロニモへの道の歩道で街灯の修繕が行われます。通行のご迷惑となることをお許し下さい。

この試みは、自治体の規模が小さいことにより可能となった。そうこうしている間に市は住民が増えて、Twitterでも新生児を迎え入れている。例えば市長の娘がそうだ。市長は彼女が元気で体重が3kgを少し上回ることを市民たちに知らせている。

Acabo de nacer a las 3.55 con 3 kilos y 110 gramos

- Martina RM (@martinajun) 2016年4月4日

>

3時55分に3,110gで生まれました。

フンのモデルは魅力的だ。しかし、どこでもできるものだろうかというと、それはまた別の話だ。CC BY 2.0