洗濯物の天敵…それは突然の雨

写真拡大

夏の季節。予測がつかないゲリラ豪雨に悩まされる主婦も少なくないでしょう。「ちょっとぐらい濡れてもいっか……」と考える人もいれば「汚れた気がするから洗い直そう!」という人もいるように、洗濯物が濡れた時の対処法って人それぞれですよね。そこで、洗濯物がゲリラ豪雨で濡れてしまった場合、そのままにしてもいいのか、それとも洗いなおした方が良いのか、1つの指針を立ててみたので、参考にしてみてください。

■ 結論から言うと「濡れたら洗い直すべき!」

洗濯物が濡れた場合、その度合いによらず洗い直した方が良いとされています。というのも、雨には塵(ちり)や埃が含まれ、一見キレイなように見える雨粒も実は汚れています。そのため、そのまま干してしまうと塵や埃に含まれる菌が繁殖し、黄ばみやシミといったものを生み出してしまうのです。なのでゲリラ豪雨で濡れてしまった場合には、しっかりと洗い直した方が無難でしょう。

■ 洗い直す場合は洗剤を使わなくても良い

洗い直す際の1つのポイントとしては「洗剤を使わなくても良い」というものがあります。一般的に使われている洗剤には抗菌作用があるため、濡れたまま衣類を放置していない限り、改めて洗剤を使って洗い直す必要は無いのです。基本的には「すすぎ」と「脱水」だけで終わらせても良い物と考えましょう。

◎ 雨の影響で衣類が硬くなってしまう場合

たまに雨の影響で衣類が硬くなってしまう場合があります。そういった場合は、柔軟剤を入れるなりして対応すると良いでしょう。また、どうしても「菌」が気になる場合は、一緒に漂白剤を入れると効果的です。そうすることで衣類についた菌がキレイになるので、参考にしてみて下さい。

■ どうしても洗い直したくない場合はどうすればいいの

「時間が無い」「めんどくさい」「水道代を節約している」など理由は様々ありますが、洗い直したくない人も大勢いるでしょう。その際は、以下のように対応してみて下さい。

◎ とりあえず「早く乾かす」

どうしても洗い直せない場合、とりあえず部屋にいれたら早めに乾かしましょう。臭いやシミというのは、菌の繁殖によって生まれます。即座に乾かすことで菌の繁殖を防げ、またそういった臭いやシミの予防につながるのです。

◎ 雨がちょっとでも降りそうなら「部屋干し」を前提に

少しでも雨が降りそうな場合は、部屋干しする事を念頭に置いてください。部屋干しでは臭いが服についてしまうと考えている方は、洗濯する際に「漂白剤+柔軟剤+洗剤」の3つを使用してみて下さい。こうすることで、部屋干しでも嫌な臭いがつかなくなります。雨に濡らすよりは、こういった部屋干しの方が断然キレイなのです。

■ まとめ

ゲリラ豪雨で服が濡れてしまった場合、何かしらの問題が無い限りは、しっかりと洗い直し、再度干すように心がけてください。また、洗い直したくない場合は、上記のように対応すると良いでしょう。

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・marina8928 編集:nanapi編集部)