静岡の遊園地「ぐりんぱ」の巨大水上アスレチックがオープン 湖上でドキドキ体験/画像提供:富士急行

写真拡大

【ぐりんぱ/女子旅プレス】2016年7月30日(土)、静岡県裾野市の富士山2合目の標高1,200mに位置する遊園地「ぐりんぱ」に巨大水上アスレチック「カッパ大作戦」が誕生。本園内の湖に浮かぶ水上15種類、陸上3種類の計18種類の遊具が揃っており、広大な富士山をバックにアスレチックを楽しむことが出来る。

【さらに写真を見る】静岡の遊園地「ぐりんぱ」の巨大水上アスレチックがオープン 湖上でドキドキ体験

◆水上アスレチックは15種類


水上アイテムは丸太で組まれた山と谷を越えて進む「山越え谷越え」をはじめ、落とし穴に気をつけながら正しいいかだを選んで進む「飛び飛びいかだ」、長細いトンネルの中に仕掛けられた網のコース「カッパの抜け道」、「かべ越え」で丸太の壁を登りきると、あみの壁を登る「あみ山越え」が出現。

次にワイヤーと滑車でつられた重りを持ち上げる「力試し」、水面の上に水平に渡された長さ4mの網の橋を這って進む「あみ橋渡り」、水上に設置された的を狙い撃ちする「的当て水鉄砲」、水上に浮かぶ樽に乗り、 ロープを引いて前に進む「たる舟どんぶらこ」、あみで作られたトンネルを這って進む「あみ穴もぐり」が続く。

そして、水上で水平に渡された丸太梯子を這う「丸太ハラハラ」、水面に映る逆さ富士も楽しめる展望櫓「富士山砦」、水面に浮いたイカダをバランスを保ちながら渡る「浮島わたり」、イカダに乗り、ロープを引いて向こう岸デッキまで渡る「いかだ作戦」、そして、「水槍無双」で様々な方向からくる噴水の飛沫をよけながら前に進めば、水上アスレチックはフィニッシュとなる。

◆陸上3種類のアスレチック


また陸上には、板で組まれている迷路を進む「板橋迷路」、鳴子が付いたロープを音を鳴らさないように掻い潜る「鳴子ぬけ」、子どもに人気のターザンロープ「つる渡り」が設置されている。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■ぐりんぱ


住所:静岡県裾野市須山字藤原2427
電話番号:055-998-1111
営業時間:9:30〜17:00
休園日:7月:6日(水)、12日(火)、13日(水)、8月、9月無休
アクセス
車/東名高速:裾野ICから南外周道路経由で約20分
新東名高速:新富士ICから県道88号線経由で約30分
電車・バス/JR御殿場駅、富士、三島各駅から富士急行路線バス