『ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣』

写真拡大

 「通勤電車に乗っているとテンションが落ちる」「出社後、大量にたまったメールにウンザリする」「初めての営業先に行くときは、緊張しっぱなし」といった経験はないだろうか。そんな気持ちを、いつでもどこでも、パチッと「仕事モード」に切り替えられる『ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣』が2016年7月28日(木)に発売された。

 人間は機械ではないので、「意志が弱い」「イヤな気持ちを引きずる」「後回しグセがある」のは当たり前。朝イチはついダラダラしてしまう人も多いが、同書で紹介される「ルーティン」を実践すれば、そんな気分が一瞬で変わる。

 ラグビーの五郎丸選手がキックの前にするアクションや、野球のイチロー選手が打席に入る際にするアクションなど、一流アスリートは、独自の「ルーティン」を持っているもの。7,800人以上を「行動できる人」に変えてきた専門家・大平夫妻が、一流アスリートのルーティンを応用し、脳科学・心理学に基づいた50の「仕事の現場で使えるルーティン」を紹介している。

 ルーティンといっても難しいことではない。「朝気持ちよく仕事をスタートさせるには、憧れの人になりきって自動改札を通る」「緊張する商談の前には、手を思いっきり握って緩める」など、どれも小さな習慣ばかり。しかも、場面別にまとめられており、どんな職場に勤めている人でも使えること間違いなしだ。自分のお気に入りのルーティンを見つけて、ダラダラ気分から抜け出そう。

■『ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣』

著:大平信孝、大平朝子

発売日:2016年7月28日(木)

出版社:サンクチュアリ出版

※掲載内容は変更になる場合があります。