まだ優勝圏内 バックナインでどこまで伸ばせるか(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全米プロゴルフ選手権 最終日◇31日◇バルタスロールゴルフクラブ(7,428ヤード・パー70)>
 第3ラウンドが雷雨のため中断順延となった、海外男子メジャー「全米プロゴルフ選手権」は最終日に第3ラウンドと最終ラウンドを実施。トータル4アンダーの9位タイから出た松山英樹は第3ラウンドで“67”とスコアを伸ばし、トータル7アンダーの5位タイで最終ラウンドに入った。
爆発はここから始まった!2日目には圧巻イーグル
 4打差を追いかける最終ラウンドは組み合わせの変更なしでそのままスタート。前半は重いグリーンにタッチの合わない場面も多く、スコアを伸ばせない展開。7番、9番など約3メートルのチャンスも決めきれず前半はパープレーで終えた。スコアはトータル7アンダーでトップとの差は4ストロークのままサンデーバックナインに入った。
 現時点で首位はトータル11アンダーのジミー・ウォーカー(米国)。トータル10アンダーには全英オープンチャンピオンのヘンリック・ステンソン(スウェーデン)がつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>