29日、体重100キロを超える巨漢の窃盗犯を追っていた韓国の警察を仰天させる事態が起こった。約20日間の追跡の末に捕まえた犯人は、体重60キロほどのスリムな男だったのだ。資料写真。

写真拡大

2016年7月29日、韓国・聯合ニュースなどによると、体重100キロを超える巨漢の窃盗犯を追っていた韓国の警察を仰天させる事態が起こった。約20日間の追跡の末に捕まえた犯人は、体重60キロほどのスリムな男だったのだ。

釜山南部警察署は29日、窃盗などの容疑で22歳のチョを拘束したことを明らかにした。チョは8日の深夜、釜山市内の自動車整備工場から車1台を盗み、近くのガソリンスタンドでガソリンを入れたが金を払わずに逃走した。また、16日には全羅南道珍島の知人宅に侵入し、知人の車を盗んだ疑いが持たれている。さらに、同日中に京畿道水原市まで走ったところを警察に追跡されたため車を捨てて逃げたとされる。

10日後、警察は釜山市内でチョを検挙したのだが、犯人を前にした警察官らは仰天した。巨漢と思い込んでいたチョがむしろ痩せ型だったためだ。警察はチョがガソリンスタンドで使おうとしたクレジットカードの情報を元にチョの住民登録証の情報を入手、掲載された顔写真などからチョの体重を110キロと推定していた。しかし被害に遭ったガソリンスタンドの従業員は「逃げた男は痩せ型だった」と証言しており、捜査に若干の混乱が生じていた。

その後、チョは住民登録証の写真を撮影した当時は確かに体重110キロだったが、軍隊に入隊するため2カ月間で50キロ以上減量していたことが分かった。

これについて、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

「不思議な男だ。研究対象になる」
「追われてる最中に軍隊に行こうとダイエットしてたとは、あきれるね」
「そのダイエット方法を動画にすれば大金を稼げただろうに」
「悪いやつのはずなのに感心しちゃうな」

「軍隊に行くために痩せるなんて、これこそ愛国者。僕の知人は軍隊に行かなくて済むように頑張って太ってたくらいなのに」
「恩赦ものの愛国者だ」
「刑期を終えたらダイエット講師として人間らしく生きてくれ」

「ものすごい意志と根気の持ち主だ。その強さがあれば何でもできそうなのに、どうしてこんなことをしたんだろう?」
「ダイエット界の神だよ」
「やはり最高のダイエット薬はストレスか」
「秘訣(ひけつ)を教えてほしい」(翻訳・編集/吉金)