<全米プロゴルフ選手権 最終日◇31日◇バルタスロールゴルフクラブ(7,428ヤード・パー70)>
 海外男子メジャー「全米プロゴルフ選手権」は第3ラウンドが雷雨のため、中断順延となった影響でこの日の最終日に第3ラウンドと最終ラウンドを実施。スタート直前に中止となっていた松山英樹は改めて第3ラウンドをスタートし、10番までに2つスコアを伸ばしトータル6アンダーに浮上した。現時点で首位とは2打差と好位置につけている。
 その他の日本勢は谷原秀人が16番まで終えてトータル1アンダーに後退。池田勇太も12番終了で5つスコアを落としトータル2オーバーとなっている。トータル8アンダーの首位にはディフェンディングチャンピオンのジェイソン・デイ(オーストラリア)、ジミー・ウォーカー(米国)、ロバート・ストレブ(米国)らが立っている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>