「まだできる!人間ってすごい!」あなたが今「限界」を感じているならこの動画を見て欲しい

写真拡大

9月7日にリオデジャネイロで「もう一つのオリンピック」が開幕します。これはそのPR動画。日常生活の中で限界を感じることって誰にでもありますが、この動画を見ていると不可能なんてない!って思えてきます。

合言葉は、
「YES, I CAN」。

Channel Four Television Corporation」が公開した動画では、両腕のないドラマー、片腕のベーシスト、指のないギタリスト、目が見えないピアニストなどなど、障がいのあるジャズミュージシャンの軽快な演奏をバックに、様々な競技の選手が紹介されます。

視覚的にどんな競技なのかがわかる内容になっており、驚かされるシーンが満載。

足のないランナー。

腕のないスイマー。

車いすフェンシングの選手。

足でハンドルを握るドライバー。

関節で体重を支えるクライマー。

聴力を頼りにフィールドを駆け巡るブラインドサッカー選手。

どれも、とてつもないことをやってのけていますよね。その身体能力や気迫は、健常者のアスリートと比べてもまったく引けをとりません。むしろ、そのパフォーマンスの勢いにハッとさせられるインパクトが。

そのせいもあってか、パラリンピックの魅力のひとつは“心のバリアフリー”を感じることとも言われています。

「日本財団パラリンピックサポートセンター」によれば、7月15日時点で127名が日本代表選手に選ばれました。開幕まではあと1ヶ月ほど。今のうちに競技や選手をチェックしてみては?

Reference:日本財団パラリンピックサポートセンター
Licensed material used with permission by Channel Four Television Corporation