独身の方が幸せ…!? 「一人でも輝いて生きる女性」の共通点4つ

写真拡大

女のしあわせは、決して結婚だけではありません。今は女性であっても、仕事に生きがいを持っていれば、「独身の方が幸せ」と感じる人もいるでしょう。

世の中には、多くの人に憧れられる大人の独身女性もいます。彼女たちは皆、独身のメリットを最大限に生かし、“ステキなオンナの人生”を謳歌しています。女性の支持率が高い、女優の小泉今日子さんもその一人。年齢を感じさせない美しさと、ナチュラルに生きる姿勢が多くの人を魅了していますね。

彼女たちが一人でもステキに輝いているのは、日頃からどんな発想や考え方をしているからなのでしょうか。

今回は女のしあわせ研究家の筆者が、“多くの人に憧れられる独身女性”に共通する考え方4つをご紹介します。

■1:独身でいるのは“自分らしく生きるため”

「結婚しない主義というワケではないのですが、だからといって納得できない結婚をしようとも思いません」ある企業で周りの憧れを集める、美人独身キャリア女性はこう言います。彼女は「もし結婚出来ないなら、独身を楽しんで生きるのも自分に合っていると思う」と楽観的です。

大切なのは、一人で生きるコトに対する焦りや悲壮感がないコト。「どう転んでも自分らしく生きるコトが大事」という姿勢が、周りから「ステキな女性」と思われる秘訣なのかもしれません。

■2:一人だからこそ、他人に愛される努力をする

誰からも憧れられる独身女性は、一人で生きていても他人に対する思いやりがあり、多くの人に愛される努力をしています。

結婚しないからといってココロを閉ざし、“人に愛されるコト”から目をそらしてしまっては、寂しいオンナになってしまい、「相手がいないのもわかる……」と思われてしまうだけでしょう。

■3:気負っておらず自然体

好感度の高い独身女性は、“自然体”であるコトが共通点と言えます。それは、自分の“性格”や“生き方”を、ありのまま受け入れているからでしょう。

「独身だからとバカにされたくない!」とココロを武装し、見栄を張ったり、周りに“ケン”を飛ばしてしまう女性もいますが、それだとかえって「だから彼女は一人なんだよね……」と思われてしまいます。

■4:“自分の世界の探求”を続けている

一人で生きる最大のメリットは、“自分の世界を極められるコト”にあるのではないでしょうか。そこに重きを置いて、あえて独身を選んだ人もいるでしょう。

学びたいものを学び、行きたいところに行き、好きな物に囲まれるために仕事を頑張る。時に孤独を感じることがあっても、「それも自分」と受け入れられる。たとえ一人で完結する人生であっても、悔いなく謳歌するコトが出来たなら、それも“素晴らしい人生”であるコトに違いありません。

いかがでしたか? 結婚して誰かと生きる人生、独身として自由に生きる人生、アナタはどちらを選ぶでしょうか。どちらにもメリットとデメリットがあり、それぞれの生き方を決して優劣で考える必要はないのです。

アナタらしい選択が出来たなら、それが何より正解といえるでしょう。

【筆者略歴】

珠艶 ・・・ 女のしあわせ研究家・ヒーラー・美容整体師。女性の幸せをトータルケアするヒーリングサロン『レボルシオン』のカリスマセラピスト。仙台・東京にて活動。著書『ラブ・セラピー』他。

【画像】

※ Maksim Shmeljov / Shutterstock