水着にならないって…マジで!? カレが萎えちゃう「海デート」でのNG行動

写真拡大

恋人たちの夏の定番のひとつに、“海デート”があります。

海デートは彼との距離が一気に縮まるイベントですが、その反面、些細なことで彼がガッカリしてしまうことも。せっかく海デートをするのなら、彼との関係をいい方向に持って行くチャンスにしたいですよね。

今回のコラムでは、海デートで彼がガッカリしてやる気も萎えちゃう、NG行動を3つご紹介したいと思います。

■1:海に来たのに、水着にならない

「スタイルに自信がないし、日焼けも心配だから水着になりたくない……」という女性は多いでしょう。しかしこれでは、男性は「じゃあ、何で海デートをOKしたの?」という気持ちになってしまうもの。なぜなら、彼らが海デートで楽しみにしていることのひとつに、彼女の水着姿があるから。彼からしてみると、海で水着にならない彼女ほど退屈なものはありません。

逆に喜ばれるのは、彼が好きそうな水着を着ること。スタイルに自信がなかったとしても、彼はあなたのスタイルも含めて好きでデートに誘っているのですから、気にすることはないといえるでしょう。

日焼けが気になるならラッシュガード、恥ずかしいならショートパンツタイプのものにするなど、あなたの考えと彼の好みの妥協点を考えて、ぜひ水着を着ることをオススメします。

■2:.歩きにくい靴を履いてくる

「大好きな彼の前だからこそ、少しでもオシャレに見せたい!」そんな健気な乙女心で、海デートの時でもヒールの高い靴を履いてくる女性がいます。

しかし、砂の上のヒール姿は結構体勢が不安定になって危ないもの。いつもは大丈夫でも、歩きにくかったり転んだりすることもあるでしょう。また、ヒールに砂が入ったり汚れが気になったりと、デートに集中できないこともあります。

身だしなみにばかり気を取られてデートどころじゃない彼女の姿を見てしまうと、彼は「この子はTPOに合わせた服装ができないのかな……」と感じてしまうかもしれません。

■3:ナンパしてきた他の男性と盛り上がりすぎ

数は少なくなったとはいえ、海でナンパをしてくる男性もいるのは事実。たとえば、彼が飲み物などを買いに行ってくれている間に、他の男性に声をかけられてしまうこともあるでしょう。

そのこと自体は「ナンパされるくらい魅力的な彼女を持ったオレ!」で、彼の自尊心をくすぐることにもなりますが、問題はそのあと。ナンパしてきた男性と盛り上がりすぎて、彼のことを「あ、いたの?」というような扱いをするのは最悪です。

ナンパ男がどんなにイケメンでも、「ごめんなさい。彼が待っているから」と、あくまで彼を優先することを忘れないでくださいね。

海デートの一番のコツは、「せっかく来たんだから、楽しむ!」もう、これに尽きます。「○○だから△△できない」があまりに多すぎてしまっては、男性は気分が下がってしまい、「もうこの子とは海デートをしたくない」となるどころか、「空気が読めない女性なんだな」と思われて、距離ができてしまう可能性もあります。

ぜひ上記のようなことに気をつけて、もっとあなたに夢中にさせる素敵なデートにしてくださいね!

【筆者略歴】

橘つぐみ ・・・ 恋愛コンサルタント。つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなく、ポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!』(講談社)『最終彼氏の見つけ方』(大和出版)他。

【画像】

※ Bluehousestudio / Shutterstock