【定員20人、受付開始!】落合陽一ら豪華講師が、中高生のキミに教えるAI、IoT、ロボティクス!【8/22〜24開催】

写真拡大

8月22日〜24日の3日間、『WIRED』、イノラボ、Techshopは、IoTガジェットをつくり、人工知能(機械学習)について学べる中高生向けプログラムを開催! 参加者には最終日までに腕輪型のIoTデヴァイスをつくり、夏休みの自由研究として持ち帰ってもらおうという特別プログラムだ。講師として、落合陽一やきゅんくんら、若き俊英たちがつきっきりで指導してくれる。

「【定員20人、受付開始!】落合陽一ら豪華講師が、中高生のキミに教えるAI、IoT、ロボティクス!【8/22〜24開催】」の写真・リンク付きの記事はこちら

『WIRED』日本版はこの夏、電通国際情報サービス オープンイノベーションラボ(イノラボ)およびTechShop Tokyoとともに、中高校生たちの夏休みを格段に実り多いものにする3日間の「集中講義」、その名も「イノヴェイション・サマースクール」を開催する。

このプログラムでは、WIREDでももはやおなじみの落合陽一ら、第一線で活躍する若きクリエイターやサイエンティストにIoT(もののインターネット)、人工知能(AI)を学ぶことができる。さらに、会場となるメイカースペースTechshop Tokyoでは、参加者自ら手を動かし、実際にものづくりを体験できる。

いわば、「これからの必須科目」をリアルに体感し身につける、最高の機会なのだ。

「イノヴェイション・サマースクール」のプログラム内容

DAY 1(8/22)「IoT/ロボットをつくる」
メイン講師 きゅんくん

AM:座学(「電子工作入門講義」コーディング基礎、ネットワーク基礎、製作設備基礎、工作ツール基礎)
PM:実践ワークショップ(組み立てキットを用いた電子工作)DAY 2(8/23)「インタラクティヴ」
メイン講師 落合陽一

AM:座学(「メディアの未来講義」物理学、哲学の基礎について)
PM:実践ワークショップ(DAY 1で組み立てたIoTプロトタイプを用いた電子工作(例:気象情報を用いたインタラクティヴメディアの開発))DAY 3(8/24)「AI/人工知能」
メイン講師 石井晃・鈴木一平

AM:座学(「AIでできることと学習のさせ方」について)
PM:実践ワークショップ(2日間で組み立てたIoTプロトタイプにAIを実装。WekaまたはTorchを用いた機械学習、パターン学習でIoTロボットを進化させる)

3日間でIoTガジェットをつくり、人工知能(機械学習)についても学べるこのプログラム。参加者には、最終日までに腕輪型のIoTデヴァイスをつくり、夏休みの自由研究として持ち帰ってもらえる(デヴァイスの完成イメージは、この記事の下に掲載している)。

3日間のプログラムおよび講師陣のプロフィール、および詳細については、以下をご確認いただきたい。本プログラムは定員20人の先着順となっている。とにかくまずは申し込みをしたいという方は、こちらのPeatixページから。

講師プロフィール

落合陽一|Yoichi Ochiai
1987年生まれ。メディアアーティスト、筑波大学助教 デジタルネイチャー研究室主宰、VRC理事。筑波大学でメディア芸術を学び,東京大学で学際情報学の博士号を取得(学際情報学府初の早期修了者)。映像を超えたマルチメディアの可能性に興味をもち、デジタルネイチャーと呼ぶヴィジョンに向けて研究に従事。映像と物質の垣根を再構築する表現を計算機物理場(計算機ホログラム)によって実現している。デジタルネイチャーというコンピューターと人の新たなる関係性を実証するため、実世界志向コンピュータグラフィクスやヒューマンコンピューテーション、アナログとデジタルテクノロジーを混在させたメディアアート表現などを用いて表現活動を行っている。

きゅんくん|Kyunkun
1994年生まれ。金属加工、電子工作、洋裁を自身で行うロボティクス・ファッションクリエイター。ロボットとの合体を目指し、機械工学を学びながらファッションとして着用するロボットを制作、国内外から注目を浴びている。2014年KIRIN「Green Apple Museum」、TOKYO DESIGNERS WEEK 2014「スーパーロボット展」招待展示。2015年米国「SXSW2015」にてウェアラブルアームロボット「METCALF」発表。2016年フランス「BAINS NUMÉRIQUES 2016」にて軽量化とデザイン性を向上させた「METCALF clione」稼動展示ほか。

石井晃|Akira Ishii
1992年生まれ。筑波大学システム情報工学研究科 コンピュータサイエンス専攻。デジタルネイチャーグループ所属、IoT / 人工知能(AI)スペシャリスト。VR / AR、Interaction Design、Interactive Surface、User Experiments、Usabilityなど幅広い領域で研究活動に従事。インタラクティブプログラミング研究室 WAVEチーム、BearTailにてチーフiOSエンジニアほか、多方面で活躍している。2015年リクルートホールディングス「2 Weeks US Workshop 2015」最優秀賞、情報処理学会「HCI研究会」2015年度学生奨励賞受賞。2016年、筑波大学「平成27年度学生表彰(筑波大学 学長表彰)」受賞他、研究実績・受賞多数。

鈴木一平|Ippei Suzuki
1996年生まれ。筑波大学情報学群 情報メディア創成学類。デジタルネイチャーグループ所属、IoT / 人工知能(AI)スペシャリスト。Computer Graphics、Entertainment Computing、Virtual Reality、Computer Vision、HCIなど幅広い領域で研究活動に従事。デジタルネイチャーグループ石井らとともに2016年「SIGGRAPH‘16」にて“Graphical manipulation of human’s walking direction with visual illusion”、“Yadori: mask-type user interface for manipulation of puppets”発表。2015年、落合が演出を手掛けたSEKAI NO OWARIライブにて会場となったZepp DiverCityに「動く肖像画」及び「ガスゴースト」をインストールするなど、芸術とテクノロジーの融合領域において高い評価を得ている。

WIRED × イノラボ × TechShop
中高生向けサマースクール、開催!
未来をつくる「イノヴェイション・サマースクール」

>>申し込みはこちら

日程
2016年8月22日(月)、8月23日(火)、8月24日(水)の3日間
10:00〜17:00

講師

落合陽一(メディアアーティスト)きゅんくん(ロボティクス・ファッションクリエイター)石井晃(筑波大学 デジタルネイチャーグループ所属)鈴木一平(筑波大学 デジタルネイチャーグループ所属)

募集人数
20名

対象
中学1年生〜高校3年生(対象年齢12歳〜18歳)
※ 10代の中高生向けのプログラムとなります。ご了承ください。
※ 午前の部のみ保護者のご見学が可能です(ただし1名のみ)。午後の部は授業を見学することはできませんが、TechShop Tokyo内を内覧いただくことは可能です。

料金
45,000円(税別、3日間通しチケット)
※ 組み立てキット代、昼食代込みの料金となります。

定員
20人
※ 先着順で定員になり次第、締め切りとなります。

場所

    WIRED Lab.(東京都港区六本木1-3-40 アークヒルズ カラヤン広場 スペイン坂入口)TechShop Tokyo(東京都港区赤坂1丁目12番32号アーク森ビル3階)

※ 両会場とも溜池山王のアークヒルズ内にあります。午前・午後でそれぞれ場所を移動して開催します。

主催
『WIRED』日本版(コンデナスト・ジャパン)、電通国際情報サービス オープンイノベーションラボ(イノラボ)、TechShop Tokyo

技術協力
キット開発:園部元裕(園部機械電子技術研究所)、磯山直也(青山学院大学)/キット装丁:横田法哉(CANA)

注意事項

お申し込みは先着順となります。参加には年齢条件がございます。ご確認のうえ、お申し込みください。当日は当選者のみ参加が可能です。代理の方の参加はお受けできませんのでご了承ください。ご購入いただいたチケットのキャンセル対応はお受けできません。ご了承ください。3日間を通したプログラムになります。1日のみの体験はお受けしておりませんのでご了承ください。ご記入いただきましたご住所やEメールアドレスなどは、コンデナスト・ジャパンからの事務連絡に使わせていただきます。それ以外に、コンデナスト・ジャパンおよび当イベヴェントの協賛社より製品やサーヴィス、イヴェント、展示会、刊行物等の各種ご案内をお送りする場合がございます。当日の模様は、WIRED本誌および、ウェブサイト、デジタルマガジン、SNSなどで掲載される可能性があるほか、コンデナスト・ジャパンの広報活動(テレビ局、新聞社、ニュースサイト等の取材・情報提供を含む)で使用される場合がございます。弊社の個人情報取り扱いにつきましては、リンク先に記載の個人情報保護方針・プライヴァシーポリシーをご覧ください。実践ワークショップにて制作するIoTデバイスにはLipo(リチウムポリマー)バッテリーを使用予定です。正しく安全にご使用いただくため、当日配布する取扱説明書には必ず目を通し、リスクを理解したうえで自己責任にて使用されることが参加いただく際の条件となります。その旨ご理解のうえお申し込みくださるようお願いいたします。主催者ほか協力機関は、Lipo(リチウムポリマー)バッテリー使用によって生じる対人・対物事故、損害、破損について一切の責任を負いません。TechShop Tokyoの施設利用に際し、イヴェント初日に安全に関する規約に同意していただく必要がございます。

DSC_0017