ウゼェー!男がドン引きしてる「ポジティブすぎて痛い女」2位はSNSで…

写真拡大

周囲に笑顔をもたらすような、いつでも前向きな女性は素敵なもの。しかし、方向を間違えたり度が過ぎたりするポジティブさは、男性から「痛い女……」と苦笑されることになるだけ。

そこで今回『VenusTap』では、男性500名に「“ポジティブすぎて痛い”と思う女性は?」というアンケート調査を実施。気になる結果をランキング形式でご紹介します。

■ポジティブすぎて痛い女No.1は……諦めない!

1位:何度デートの誘いを断っても諦めない(9.4%)

2位:SNSで「生きているのは素晴らしい」などポジティブワードばかり投稿する(8.8%)

3位:ちょっと目が合うだけで男性から惚れられていると思う(8.7%)

4位:悪いところを指摘されても「これが私」と認めない(8.4%)

5位:「もっと人生楽しまないと」など人に説教をしてくる(8.0%)

ワースト1には「何度デートの誘いを断っても諦めない」が選ばれました。

男性に「最近、忙しいんだよね……」、「その日は用事があって……」と何度もデートをお断りされても、「いつ頃、暇になりそうですか?」と、めげずにグイグイ再チャレンジ。

そんなポジティブ女子に、男性は「自分にとって都合のいい解釈しかしないポジティブ女ほど厄介なものはない」、「そのうち“彼は私のことが好き”とか、勝手にポジティブに受け取ってストーカーになりそうで怖い」とドン引き。痛い女の烙印を押すようです。

興味のある女性に対しては、男性はどんなに忙しくても時間を作るもの。3度続けて断られたら、自分からはもう誘わないほうが無難かも。

■元気の押し売り! ポジティブワードばかり投稿する

2位には「SNSでポジティブワードばかり投稿する」がランクイン。

SNSに「生きているのは素晴らしい」、「大好きな人たちが笑顔でいると私も幸せ!」など、やたらとポジティブワードばかりを投稿する女子は痛いと思われている危険が。

「自分の心で思っておけばいいのに、わざわざアピールするところが痛い」、「こういう子に限って、実際は重かったりネガティブだったりするんだよね……」、「“こんなに私前向きなの!”って見せたいんだろうけれど、ほんとに強い人は口に出さない!」と、評判はよろしくないよう……。

ネガティブ投稿はもちろんNGですが、ポジティブ投稿もほどほどにしたほうが良さそうです。

■いや……たまたま見ただけだから! 男にモテてると勘違い女にイタタタッ

3位には「ちょっと目が合うだけで男性から惚れられていると思う」が入りました。

恋愛指南書などでも、男性からの好意のサインとして「ふとしたときに目が合う」、「自分を見てくる」とよく書かれていますが、それを鵜呑みにして目が合っただけで「私のことを好きなんだ!」と勘違いするポジティブ女性に、男性は呆れてしまうよう。

「職場でその子が座っている方向に時計があるから見ただけなのに、自分に好意があって見ていると勘違いされた。迷惑!」、「鼻毛出てるからつい目がいったのに」といった声も。

その気になったのに勘違い……なんて悲しい思いをしないためにも、脈あり判断は慎重に。

以上、「“ポジティブすぎて痛い”と思う女性ランキング」をお伝えしました。「痛い女……」と思われないよう、ランクインした行動は絶対に控えましょう。