ふるさと納税の「旅行クーポン」で鬼怒川や箱根、 道後、指宿、定山渓など全国の温泉へ旅行しよう! 「旅行クーポン」の種類や仕組み、申込み方法も解説!

写真拡大

2015年4月から、自己負担が2000円だけとなる寄附額の上限がアップしたことで、ますますメリットが大きくなったふるさと納税。寄附の上限アップ分を上手に使いこなすにはお礼品として牛肉や米や果物をもらって食べるだけではなく、お礼品に対する視野を広げたいところ。そこでオススメしたいお礼品が、寄附先の温泉や観光名所に出かけることができる旅行クーポンだ。マンガも含め旅行クーポンの使い方を紹介しよう。

温泉&観光地には「寄附して行く」のが今後の常識!
ふるさと納税で旅行する4つのオトクポイントとは?

 マンガでは寄附した自治体にオトクに旅行できることなどを紹介した。そこで改めてふるさと納税での旅行にはどんなメリットがあるのかまとめておさらいしよう。

 「ふるさと納税」で寄附をすると、特産品などいろいろなお礼品がもらえるのは、もうご存知のとおり。最近では「物」だけでなく、旅行や人間ドックなど、「サービス」を提供する自治体も増えている。今、特に注目なのが寄附先の自治体を訪問できる旅行のお礼だ。各自治体が、宿泊先や交通費の一部負担などのサービスを、充実させてきている。その中でも使い勝手がいいのが、「ふるぽ」に参加している自治体が提供する旅行クーポンだ。

 では、何がオトクでどんなメリットがあるのだろうか。

 一番のメリットは、旅行の時期の制約がないこと。ホテルの宿泊券や種々の旅行の割引券では、年末年始などの「繁忙期を除く」というものが多いが、「ふるぽ」に参加する自治体が発行する旅行クーポンは、その制約がない。お正月だろうが、夏休み期間中だろうが、堂々と使える。学校に通う子どもがいる家庭などには、使いやすいクーポンだろう。

 また、旅行にでかけるのは、誰でも、何人でもOKというのも便利。生計を一にするだの、扶養だのといった条件は一切ない。条件は「寄附者本人」が旅行を契約することだけ。「両親に旅行を進呈」もありだ。

 さらに、ふるさと納税のお礼を「物」でもらうのと比べた場合のメリットもある。まず、品切れがない。果物のように旬もないので、受付期間が短いということもない。また基本は郵送やメールのやりとり中心なので受取が楽。日中不在がちな人には大きなメリットだ。

自由度の高さが魅力の「ふるぽ」の旅行クーポン
3種類のクーポンから選び自治体に寄附をしよう!

 ふるさと納税で旅をするなら、「ふるぽ」に参加している自治体の旅行クーポンがオトクだ。「ふるぽ」とは何なのか、また発行する旅行クーポンとはどんなものなのかを説明しよう。

 「ふるぽ」は、ふるさと納税専用のwebサイトだ。似たようなサイトは数多くあるが、決定的に違うのはポイント制という点だ。寄附額に応じてポイントがもらえ、そのポイント分のお礼品と交換できる。複数の品を組み合わせたり、余ったポイントを翌年に繰り越すこともできる便利なしくみが人気だ。

 ふるさと納税のお礼品としては「宿泊先が限定されている宿泊券」が一般的だが、「ふるぽ」に参加している自治体の旅行クーポンは、自由度が高いのが魅力。寄附する段階で宿泊先を決めておく必要はないし、日付が決まっていなくてもOKだ。

 「ふるぽ」の使い方は自治体トップページの寄付を申し込むバナーをクリックすれば、申込みフォームに飛んで、手続きできる。

 次に説明するのが、旅行クーポンのしくみだ。というのも、旅行クーポンの種類によって使える旅行プランや申込方法が違うからだ。旅行クーポンの種類を選んでから、行きたい自治体に寄附をしよう。「ふるぽ」の旅行クーポンは3種類あり、それぞれ旅行を申し込む場所や、申し込める旅の内容に差があるのだ。申込などのスケジュールに違いがある点にも注意しよう。

 一つ目がインターネット経由で申し込める「Yahoo!(ヤフー)トラベルで使える宿泊クーポン」、二つ目がコールセンターで相談しながら旅行を組み立てられる「JTBふるさと納税旅行クーポン」、最後の一つが対面で寄附の相談から受け付けてくれる「JTB首都圏新橋支店で使えるふるさと旅行クーポン」だ。

 一番の違いはどこで申し込めるか。手軽なのはヤフー・トラベルで申し込めるクーポンだし、じっくり相談できるのはコールセンターや店舗になる。その他の違いは表でチェックしてほしい。

北海道の定山渓温泉から箱根、鬼怒川、加賀、
城之崎、道後、九州の黒川、指宿まで選び放題!

 ここからは、ふるぽの旅行クーポンが使える主な温泉を紹介しよう。どの自治体がどのクーポンを扱っているかは、「Y:Yahoo!(ヤフー)トラベルで使える宿泊クーポン」、「J:JTBふるさと納税旅行クーポン」、「新:JTB首都圏新橋支店で使えるふるさと旅行クーポン」のマークで確認を。

 関東地方では鬼怒川温泉や箱根温泉。

 九州・沖縄地方では指宿温泉や黒川温泉。

 北海道・東北地方では定山渓温泉。

 北陸・中部地方では加賀温泉郷。

 近畿地方では城崎温泉。

 中国・四国地方では道後温泉などだ。

 今年の秋から、ふるさと納税で全国津々浦々の温泉地をふるさと納税で格安で巡ってみてはいかがだろうか。

 ところで、7月21日発売のダイヤモンド・ザイ9月号には、日米の金融政策や為替によて振り回れる日本株でしっかり稼ぐための「アベノミクス&為替に頼らず稼ぐ!新・日本株の4大必勝法」が載っている。買うべき株を、「急騰開始のテーマ株」「長期向きの高配当株」「下げすぎの反発輸出株」「長期右肩上がり株」の4つに分けて、それぞれにピッタリの買い方と売り方をアドバイス。テーマ株の売り急がず高値までついていくやり方や高配当株の2つの売買法、塩漬けをしないカンタン損切り法まで、満載となっている。

 このほか、下落に強い株が揃う「別冊付録・8〜12月の権利確定月別の株主優待株ベスト80」も必読。そのほかの内容は次の通り。

・低コストでプロにお任せ!「10万円からのラップ投資誕生」
・ザイ読者15人の「株デビュー」成功術
・ひふみ投資信託の藤野さんがズバリ「これからは輸出株&ゲーム株に注目せよ」
・箱根、黒川ほか!ふるさと納税の「旅行クーポン」で温泉巡り
・サラリーマンよ!企業版の確定拠出年金で退職金&年金を確保せよ

 ダイヤモンド・ザイ9月号は全国の書店、ネット書店(アマゾン、楽天ブックス)で絶賛発売中!