7月23〜24日にスポーツランドSUGOで開催された「2016 AUTOBACS SUPER GT Round4 SUGO GT 300km RACE」。GT300クラスもめまぐるしく順位が入れ替わる激しい戦いが展開されました。

1

7月24日の朝のフリー走行までウェットコンディションでしたが、ウォームアップ走行では完全にドライ路面。グリッドに並ぶときには全車スリックタイヤを装着しています。

そして決勝。ポールポジションの25番 VivaC 86 MC 土屋武士選手がホールショットを獲りますが、2番手には予選3位だった61番 SUBARU BRZ R&D SPORT 山内英輝選手が素晴らしいスタートを決め、 31番 TOYOTA PRIUS apr GT 嵯峨宏紀選手を抜き去り第2コーナー立ち上がりでは2位に浮上します。

トップで先行するVivaC 86 MCとSUBARU BRZ R&D SPORTの差は徐々に開いていきます。そして3番手を走行する31番 TOYOTA PRIUS apr GTの背後には11番GAINER TANAX AMG GT3 ビヨン・ビルドハイム選手が迫ります。

順風満帆に見えたVivaC 86 MCですが、GT300の25周目の最終コーナーで5番マッハ車検 MC86 山下潤一郎選手がクラッシュ。セーフティーカーの導入となり、VivaC 86 MCが築き上げた8秒のアドヴァンテージが振り出しに戻ってしまいます。

今年からセーフティーカー導入時のピットインが制限されていますが、タイミング的には各チームとも通常のピットインをするタイミングではなかったために混乱は免れました。

レースが再開されたのが30周目、ピットオープンは29周目となり、まず4位まで順位を下げてしまった31番 TOYOTA PRIUS apr GTと7位だった7位の4番 グッドスマイル 初音ミク AMGが早めのピットイン。PRIUSは中山雄一選手に、初音ミクは谷口信輝選手にチェンジ。

そして30周目にはSUBARU BRZ R&D SPORTがピットイン。続いて31周目にトップだったVivaC 86 MCが入ります。BRZは井口卓人選手に、VivaC 86 MCは松井孝允にチェンジ。

このピットインでVivaC 86 MCは左側のタイヤのみを交換で作業時間を短縮。しかしそれ以上に勝負に出たのが88番マネパ ランボルギーニ GT3で、織戸学選手にチェンジする際、タイヤ無交換作戦に出ます。これが功を奏してか、全車が規定のピットインを終わらせる頃にはトップに立っていたのです。

2番手には18番 UPGARAGE BANDOH 86 山田真之亮選手がきますが、マネパランボルギーニとの差は7秒以上。そのUPGARAGEに噛み付いたのがVivaC 86 MC。

その後も31番PRIUSに抜かれ、徐々に順位を落としていきます。

そしてタイヤの消耗で若干ペースの鈍ったマネパランボルギーニにVivaC 86 MCとPRIUSが迫り、3台が絡んだトップ争いを展開。しかしタイヤが消耗したからといっても、そこは織戸学選手。そうやすやすとはトップを譲りません。

マネパランボルギーニの織戸選手とVivaC 86 MCの松井選手のデッドヒートにGT500マシンが絡んできたちょっとした瞬間、62周目のハイポイントでPRIUSの中山選手がVivaC 86 MCに勝負をかけ2位に浮上。

そして63周目でマネパランボルギーニも抜き去りトップに躍り出ます。

そして激しい攻防の末、VivaC 86 MCの松井選手はマネパランボルギーニを攻略し、再び2位に浮上。マネパランボルギーニはこのあたりでタイヤが尽きてしまったのか、その後もずるずると順位を落としていきます。

VivaC 86 MCが2位に浮上したその背後には、3位に上がってきたSUBARU BRZ R&D SPORTとGAINER TANAX AMG GT3が激しい追い上げを見せて迫ります。

このまま2位争いにもつれ込むのか?という、71周目の最終コーナーで8番手まで落ちていた UPGARAGE BANDOH 86が最終コーナーでクラッシュ!激しくスポンジバリアを蹴散らし、修復のために赤旗が掲示され、その段階でレースが終了となります。

悲喜こもごものレース終了となったが、これもSUGOの魔物の仕業なのでしょうか。

優勝は31番 TOYOTA PRIUS apr GT 、2位にVivaC 86 MC、3位にSUBARU BRZ R&D SPORTとなり、JAF GT勢が表彰台を独占するカタチとなりました。

ここまでノーポイントだった31番 TOYOTA PRIUS apr GTが20ポイント獲得で一気にドライバーポイントランキング3位に浮上。

2位となったVivaC 86 MCはドライバーポイントランキング首位となり、チャンピオン争いも面白くなってきています。

次戦は8月6〜7日の富士スピードウェイ「2016 AUTOBACS SUPER GT Round5 FUJI GT 300km RACE」。真夏の300kmはドラマの多いレースとなるでしょう。

(写真:吉見幸夫 文:松永和浩)

【SUPER GT2016】大混戦のGT300。86、ランボを抑えて勝ったのはプリウス!(http://clicccar.com/2016/07/31/389088/)