キャンプやフェスでまさかの雨!便利なお役立ち防水グッズ

写真拡大

アウトドア遊びの最中には、朝は晴れていたのに急に夕立が……なんてこともよくあります。これまで『&GP』で紹介したアイテムの中から、キャンプやフェスで予想外の雨に降られた時に役立つアイテムを5つピックアップしました。

街でも、アウトドアでも使える便利な5アイテム

レインウェアはクォリティにこだわるべし!Karrimor「phantom jkt」

真夏でも雨に濡れたままでいると体を冷やして大幅に体力を削られてしまうもの。アウトドアで遊ぶなら、必携なのがレインウェアです。こちらはイギリスのアウトドアブランドKarrimorの高機能レインウェア「phantom jkt」。

防水透湿素材「PERTEX SHIELD 2.5L」が採用されており、防水性と通気性がともに高く、きちんと雨を防いで、かつ汗で蒸れにくいという特性を持っています。
phantom-jkt_mens_04-514x720

さらに内側のドライタッチ加工や、ベンチレーションとしても機能するポケットなどによって、中のサラサラ感がより高くなっています。何より、カリマーらしいニュアンスのある色味や、スマートなデザインが素敵!

「いいレインウェアはお値段が高い」とお嘆きの皆さん、高いレインウェアは「内側がびしょびしょになってくる感じ」が格段に軽いです。そして山の中ではレインウェアの良し悪しが安全度に直結したりもします。レインウェアはぜひ優秀なものを選んでみてください。

Karrimor「phantom jkt」2万520円
掲載記事はこちら!→ 春キャンプの雨対策に、カタチもきれいなレインジャケット

 

キャンプで雨よけ日差しよけに大活躍!「スカイフィルム 200SIL」

少々の雨でも楽しいキャンプを続行するには、まず雨よけになる「タープ」が必須です。晴れの時には日差しを防いでくれ、野原に素敵なリビングルームを作ってくれるアイテムです。

ただ耐久性や耐水性能ばかりが重視されたタープですと、どうしても重苦しさや閉塞感が漂ってしまうことも多いもの。「スカイフィルム 200SIL」は耐水圧1000mmのシリコンポリエステル生地でしっかりとした耐水性能を持ちながら、まったく重苦しくないタープです。
薄くしなやかな生地は空色で、解放感と涼しさが抜群。雨の中でもタープ下がどんよりしない、いわばタープ界の爽やか番長なのです。重量も900g(本体/張り綱)と軽量、UVカットなので晴天でも優秀。
20160618_monoral01-720x478
MONORAL(モノラル)「スカイフィルム 200SIL」、価格は2万9160円(ポールは別途)。

掲載記事はこちら!→ 日差しは避けても明るくね!空色タープで気持ちいいキャンプをしよう

 

雨に強い帽子が活躍! ニューエラ「Bucket-01」

雨専用のアイテムを持っていくのもいいですが、「普段も使えて雨でも大丈夫!」というアイテムを揃えておくのも手です。こちらはニューエラのウッドランドカモ+リフレクター「Bucket-01」。

ウォータープルーフの帽子って蒸れるんじゃ……という心配もご無用。内側にはメッシュを搭載。「ムレの少ない快適な被り心地」もウリのひとつです。ともすれば野暮ったくなりがちな「雨対策アイテム」ですが、このハットのように普段もガンガン使いたいほどかっこいいモノがあると嬉しいですね。

ウッドランドカモ+リフレクター「Bucket-01」、価格は7560円。

掲載記事はこちら!→デイリー&キャンプどちらも使えるカモフラ防水ハット

 

かさばらない長靴!「kiu」の折りたたみレインブーツ

備えは万端にしたいけれど、荷物は小さいほうがいい……。長靴はあると便利なアイテムですが、街でも使える「kiu」の折りたたみレインブーツがオススメです。

 

くるっと折りたためば、かなりコンパクトにまとまり持ち運びが楽チンです。開口部から水が入るのを防ぐドローコードや、スムーズな脱着をサポートしてくれる突起など、心配りが行き届いているのも嬉しい!
sub31
S(22.5〜23cm)、M(23.5〜24cm)、L(24.5〜25.5cm)、LL(26〜26.55cm)、3L(27〜28cm)男女兼用、価格は各5832円。

掲載記事はこちら!→街やキャンプで活躍!kiuの折りたためるレインブーツ

 

iPhoneを水から守れ!「防水対策シート」

アウトドアシーンで突然の雨。絶対濡らしたくないものと言えば……そう、iPhone! しかし、雨の中のキャンプでは注意しても濡れてしまうものです。

 

そんな時に心強いのが「スマホの防水対策シート」。iPhoneの水が入ってしまいそうな隙間に薄いシートを貼るというものです。ゴツめのケースなどと比べると、操作性にほとんど影響しないのが何より嬉しいところ。普段使っているガラス保護フィルムと併用が可能で、貼ったりはがしたりも自分でできます。

 


水中で使用可能ではありませんが「トイレに落としても直ぐに拾えばほぼ故障しないレベルの防水性能」というレベルで防水してくれるそうです。雨のみならず、水場や川など手が濡れることの多いアウトドアでは心配を軽減してくれそうです。

お値段もお手ごろなので、次のお出かけで、ちょっと試してみてはいかがでしょうか。対応機種はiPhone6,6S用、価格は1382円。

掲載記事はこちら!→目立たず防水! iPhoneの隙間を埋める透明シール

 

アイテムによる工夫で、アウトドアでの雨の不快感はだいぶ軽減できます。突然でも慌てることのないよう、楽しく対策しましょう!

(文/くぼきひろこ)

くぼきひろこ/ライター くぼきひろこ/ライター

美食・カルチャー・ライフスタイル・クルマ・ゴルフ・巷の美女etc……対象は様々に、雑誌・ウェブサイト等の各種媒体にて活動中のフリーライター。「人の仕事のすべて。そして、その仕事から生み出されるすべてのモノゴトが面白い!」と津々浦々の興味津々で取材・執筆を行う。