過去最多の全21戦で行われる、F1 2016年シーズン。11戦目のハンガリーGPが終わり、いよいよシーズン折り返し地点に突入しました。時が経つのは早い!

ハンガリーGPは、メルセデスのルイス・ハミルトン選手が完璧な走りで今季5勝目を獲得。最大のライバルであるチームメイトのニコ・ロズベルグ選手に、ドライバーズランキングで6ポイント差をつけ逆転しました。

今後のチャンピオンシップ争いがますます面白くなってきましたよね。

1

7月28日発売の「F1速報ハンガリーGP号」の表紙は優勝したハミルトン選手、もしくは久しぶりに表彰台に戻ってきたレッドブルのダニエル・リカルド選手かなと思っていたのですが、なんとフェラーリのセバスチャン・ベッテル選手ではありませんか! 笑顔がとっても素敵で、表紙買いするF1女子も多いはず!!

なぜベッテル選手が表紙なのか……。その秘密は後程(^^

まずは私の大好きなページから紹介します!

■100の質問 マックス・フェルスタッペン

F1ドライバーに100の質問をし、レースのことからプライベートのことまで根堀葉ほり聞いちゃうこちらのページ。今回はF1史上最年少優勝者、レッドブルのマックス・フェルスタッペン選手の登場です。

100の質問のうち、面白い回答をいくつかピックアップしてみました。

Q.F1で一番の友達は?

「一番仲がいいのはカルロス(サインツJr)かな。最近はモナコ在住のドライバーと一緒に移動したりもするよ。」

Q.いま関心のあるニュースは?

「ツール・ド・フランスと他のモータースポーツをチェックしている。主にスポーツニュースだね。」

Q.無人島に行くとしたら、何を持って行く?

「そんなこと考えたこともなかった……。友達、家族、それとラクダ(笑)。」

Q.明日世界が滅亡するとしたら?

「ハチャメチャなことをするよ(笑)。」

ハチャメチャなことって、一体何をするつもりなのでしょうか(笑)。気になります。

■生粋の「レーシング・アニマル」

ハンガリーGP号の一番の見所といっても過言ではない、ベッテル選手の特集! なぜベッテル選手が表紙なのか納得できます。

ベッテル選手のロングインタビューはもちろん、フェラーリチームスタッフやパフォーマンストレーナー、アライヘルメットサービスマンさらにはレッドブル時代、共に戦ってきたクリスチャン・ホーナー氏から見たベッテル選手についても書かれています。

フェラーリにとってベッテル選手は「改良された新型ミハエルシューマッハー」ではないか。フェラーリのチーム代表、マウリツィオ・アリバベーネ氏は二人についてこう話してます。

「当時、私はまだフィリップ・モリスの社員だったが、フェラーリを担当していたのでミハエルのことはよく知っている。そして正直な話、セブを見ていると、ミハエルによく似ていることに、いまでも驚かされる。」

しかし、二人には明らかな違いもあるんだとか。

シューマッハもいまから20年ほど前にイタリア語のレッスンを受け始めたが、彼はいつの間にか興味を失ってしまった。ところが、ベッテルは最初の2週間でシューマッハーが熱心に学んでいた頃よりもずっと流暢にイタリア語を話せるようになり、その後も勉強を続けているのだ。

国際映像で書いている姿を映されることもある、有名な「ベッテル選手の黒表紙のノート」についても書かれています。

亡き偉大なグラハム・ヒルと同じように、ベッテルはいつも一冊の黒表紙のノートを持ち歩き、マシンのセットアップの詳細などこと細かに書き記している。そうして、自分自身のデータバンクを構築しているのだ。

また、このノートについてアリバベーネ氏は微笑みながら

「もちろん、チームのなかでセブの黒表紙のノートを知らない者はいない。彼が熱心に何か書き込んでいるところを、皆見ているからね。ミーティングの時には、時々あのノートをめくりながらマシンの印象を伝えてくれる。あれこそが、彼の仕事への姿勢を端的に物語っていると思わないか? セブは信じられないほど正確で、几帳面な仕事をする若者だ。」

と語っています。

■伝説のF1王者ヘルメットコレクション

4号連続特別付録ペーパークラフト第3弾は、フェルナンド・アロンソ選手とルイス・ハミルトン選手です! 共にチャンピオンを獲得した年のヘルメットで、ハミルトン選手は2015年仕様ですが、アロンソ選手は2005年仕様。懐かしー!!

ぜひゲットして、作ってみてくださいね。

(yuri)

【F1速報×F1女子〜ハンガリーGP号〜】有名な「ベッテルの黒表紙のノート」には何が書かれているの!?(http://clicccar.com/2016/07/31/388642/)