お手軽不倫はリスク高!「ご近所のパパとデキちゃった」エピソード

写真拡大

ママたちがハマりやすい不倫のひとつに、「ご近所のパパさん」とデキちゃうパターンがあります。顔見知りで親近感があるぶん、一線をこえるハードルは低め。でもバレたらご近所中の知るところとなり、家族全員に尋常じゃない影響が……。

では、実際のところはどうなのでしょうか?ママ100人に聞いてみました。
「地域の活動」でいっしょのパパと……
・「幼稚園の役員ママとお手伝いパパが行事を通じて仲良くなり、不倫していました。教師がその現場を見たらしく子どもたちに良くないということで呼び出され、周囲にも拡散。その後はもうふたりが一緒なのを見たことはないので関係は終わったのかな? でもことあるごとに噂はされてて、ご家族がお気の毒です」

­

・「以前、子どもが通っていた学校のPTA 会長(女性)のご主人と副会長(女性)がデキてしまい、両人とも離婚してしまいました。今、ふたりで一緒に暮らしているようですが、置いて行かれたお子さんたちはどう思っているのか……」

­

・「町内の子ども会では、役員になると集まりごとに保護者で飲み会を開いていたのですが、平役員のママ友が先輩役員に家族の話や相談事をしているうちに体の関係になってしまったようです。しかも相手の奥さんにバレ、あろうことか、子ども会行事の時にママ友が奥さんに平手打ちされるという修羅場に発展!その後はお互い何事もなかったかのように暮らしていますが、ピリピリした感じは否めません」

­

地域の活動は、連帯感が生まれてママ友作りには最適な場。しかし相手がパパだと、体まで仲良くなっちゃう場合がある?  
野球チームのパパコーチと…
・「少年野球チームに入っているA君ママと、コーチもしているB君パパは、最初は単純にコーチとチームメイトの母親という関係でしたが、次第に親密な関係に。お互い(表向きは)浮気とは別の理由で離婚をし、今現在も付き合っています」

­

・「知り合いが子どもの野球チーム仲間のパパとデキてしまい、超本気になって離婚してしまった。ところが、相手はほんの遊びだったので、バレても夫婦元通り、彼女はフラれる結果に。専業主婦で仕事もしていない状態で子どもを3人引き取ったため、生活保護の申請をしようか迷っていた。バカだなあと思います」

­

・「子どもの少年野球の若いコーチと付き合った人がいた。表向きは秘密にしていたらしいが、飲み会の時テーブルの下で手をつないだりしてバレバレ。結局代表者の耳に入り、退団になった。子どもが可哀想だった」

­

・「地元のスポーツ少年団で、あるママと別の子のパパが同郷で意気投合。ノリでふたりで同窓会を企画して、当日は揃って泊まりの里帰りをし、体育会系の明るい(?)浮気カップルとなっています。そのママ、コーチや監督とも仲良しだし、子ども自身もレギュラーに定着。明るく可愛いく根回し上手だといくつになっても得だと内心思います」

­

子どもの習い事がらみでの「不倫」エピソードは、「野球」がダントツ多めで、その次が「サッカー」。そもそもの団体数の多さも一因なのかもですが、アツくなるのは子どもの応援だけにしたいものです。
家族ぐるみおつきあいのパパと……
・「友人がパパ友とデキちゃったきっかけは、最初は子どもの仲良し同士の家の行き来から始まり、そのママとも仲良くなり、ご飯も食べる仲に。次第にお互いの主人とも顔合わせが多くなって内緒のメール交換。それから2人で会うようになり体の関係に、という流れ。ママなら誰でもあり得る状況なのが怖い」

­

・「ママサークルで知り合った友達が、家族ぐるみで遊ぶようになって一緒に出掛ける機会が増えたら、その友達の旦那さんとデキてしまった。最終的には奥さんにもバレてしまい周囲の友達も離れ、自分の旦那さんとも離婚することになり、ママサークルのメンバーにも見放され、子どもも寂しそうです」

­

・「保育園の卒業パーティーで、カラオケBOXの使っていない部屋でこっそり友人の旦那さんとキスをしているママ友を見てしまいました。酔った勢いであり、あくまでその場限りだと主張して幕引きとなりましたが、真偽の程は分かりません」

­

・「とあるママ友はいちばんの親友のパパとできちゃったそう。その子の家に遊びに行ったときに旦那さんがいて、奥さんが買い物に行っている間に連絡先を交換し、ちょこちょこ会っていたらしいですが。油断もスキもあったもんじゃないですね」

­

「家族ぐるみのおつきあい」からの不倫は今回もっとも証言が多かったパターン。つまりはバレやすさ、噂になりやすさもピカイチということかも。安直に手を出すと、ふた家族がいっぺんに地獄に落ちてしまうので、ご注意を〜!

­

文/和田玲子

※暮らしニスタ編集部が既婚女性100名を対象に行ったアンケート調査より

­

写真© beeboys - Fotolia.com