<マルハンカップ 太平洋クラブシニア 最終日◇31日◇太平洋クラブ 六甲コース(6,830ヤード、パー72)>
 シニアツアー「マルハンカップ 太平洋クラブシニア」の最終日。首位と4打差の4位から出たプラヤド・マークセン(タイ)が1イーグル・7バーディの“63”と爆発。スコアを9つ伸ばしてトータル13アンダーで逆転優勝。今季からシニア入りした“タイの鉄人”が、ルーキーイヤーで早速勝利を挙げた。
 2打差の2位には真板潔、3打差の3位には高見和宏が入った。首位から出たシニアルーキーの鈴木亨はスコアを1つ伸ばしたが、トータル9アンダーで4位タイに終った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>