勘違い!?「叱らない子育て」が「叱れない親」を生み出している!

写真拡大

育児をしていると様々な子育て論を耳にしますが、「叱らない子育て」というのを耳にする機会が増えましたよね。

­

最近では実践している親が増えているようですが、「叱らない子育て」は「叱れない親」を増やしていると問題になっているそうです。つまり、子どもが“いけないこと”をしても、見逃す親が増えているということ。でも、本当に「叱らない子育て」は「叱れない親」を生み出しているのでしょうか?

­

その疑問のカギを握るのは、勘違いからくる子育て論の“落とし穴”のようです……!
勘違いが生み出す「叱れない親」
「叱らない子育て」の本来の意味は、頭ごなしに怒ったり人格を否定するようなことを言ったりしないで、叱る前に子どもがどうして“いけないこと”をしたのかを考え、子どもの声に耳を傾けるということ。そして、それを前提にして“ダメなこと”や“いけないこと”をよく言い聞かせるというものです。

­

けれど、「叱らない子育て」を「100%子どもを叱らない子育て」だと意味をはき違えた親が増えているとか。子どもが他の人を傷つけたり周りに迷惑をかけたりしても、何も注意しないそうです。

­

例えば、このように勘違いしている親は、「他の子を叩く」「他の子のものをとる」「レストランで騒ぐ」「スーパーの商品を食べる」などの行動を許してしまいます。つまり、「叱らない子育て」がいけなのではなく、きちんとした意味を知らずに間違った子育てをすることで、「叱らない」あるいは「叱れない」親を生み出してしまっているのです。
「ダメなこと」を教えなければ成長しない!
子どもの人格を尊重するということは、叱らないということではありません。そして、叱らないで好き勝手にさせることは、ただの「野放し」です。親が子どもを野放しにし続ければ、ワガママで自分勝手な子どもになるだけ。人間だって動物だって、何がダメで何がダメじゃないかを教えられなければ、いつまでたっても分からないままですよね?

­

「いいこと」と「悪いこと」の区別ができるようになることは、言うまでもなくとても重要。そして、子どもは“ダメなこと” や“いけないこと”を教えられなければ、成長することはありません。

­

このように全く叱られたことがない子どもは、学校で座っていられなかったり、静かにしなければならないときに静かにできなかったり、ひどい場合は社会生活がまともに送れなくなる危険もあるそうです。
正しい「叱らない子育て」のススメ
では、子どもが“いけないこと”をしたとき、その行動を正すために「叱る」ことになりますが、そのとき、どのように「叱る」のがいいのでしょう?

­

厳しく叱る?怒鳴る?叩く?

当然、これらのことをすれば強制的にやめさせることは可能でしょう。けれど、無理やりやめさせることは、本当に子ども本人が改心したからではなく、親を怖いと感じたからに過ぎません。

­

心理学研究によると、子どもの行動を改善させるためには、「叱る」ことと同時に「褒める」ことも必要だそうです。要するに、悪いところを叱るだけでなく、いいところも普段からきちんと褒めるということ。「叱る」と「褒める」は必ずセットであり、両者が揃うことで「叱らない子育て」が成り立っていくのです。

­

通常、子どもが騒ぐと親は注意しますが、「叱らない子育て」では、子どもが騒いでから注意するのではなく、騒ぐ前のきちんと座っている段階で褒めてあげるのです。この段階で褒めると“いい子の枠からはみ出さないようにしよう”という心理が働きやすくなり、その結果叱る必要性も減り、好循環が生まれます。

­

正しい「叱らない子育て」を実践する親は、決して子どもを放ったらかしにすることはありません。子どもに目を配っているからこそ、褒めることができ、叱る必要がなくなるのです。

­

「叱らない子育て」についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

あなたの周りに「叱れない親」はいませんか?

「叱らない子育て」は「叱らない」という言葉から勘違いが起き、「叱らない」あるいは「叱れない」親を生み出しているようですね。本来の意味を正しく理解し、「叱る」と「褒める」を上手く組み合わせ、日々の子育てを楽しんでくださいね!

­

<プロフィール>

ナツキレイ

フリーライター/日本語家庭教師

タイ在住を経てオーストラリアへ。現在はオーストラリアの田舎で日本語を教える傍ら、ライターとしても活動。政治・経済・教育などの分野から、子育て・旅行・セレブ情報など生活や趣味の分野まで幅広いジャンルで執筆中。定期的に英語のニュース・雑誌サイトの記事を翻訳してリライトも行う。日本生まれ海外育ちの2児の母。

­

写真© ucchie79 - Fotolia.com