親を見返したい!高校生の今からできること

写真拡大

たとえ子どもであっても親と喧嘩することはよくあること。喧嘩がヒートアップして親に「家から出ていけ!」と言われた経験がある人も多いだろう。「教えて!goo」でも「私は、高1の15歳女子です。父と喧嘩して、『出て行け』と言われた」と相談があった。

相談者さんは高1の15歳女子。親に出ていけと言われて高校を中退するか悩んでいるのだという。出ていけと言われるだけならまだしも、怒ると豹変し殴ったり、蹴ったりするという父親。今回はiPadで殴られ、蹴られたそうだ。「さっさと出て行って、自立して父親を見返したいです。もちろん、高卒や大卒の方が就職率が高いのは理解しているつもりです。もし、中退したら東京で仕事をもらえたりできるでしょうか? 最初はアルバイトからでもいいと思っています」と相談者さん。どんな回答が寄せられたのだろうか。

■親を見返すためにできること。

寄せられた回答の中で多かったのは「我慢すべき」というもの。

「『出て行ってやるもんか!』ぐらいの強い気持ちで、戦いましょう。(中略)…15才のひとり身で、東京へ出てのアルバイトは危険です」(jzajzaさん)

「お母さんが『我慢しなさい』と言ってるのだから我慢しましょう。お母さんはきっとあなたよりもたくさんの我慢をしてきたことでしょう。まだ15歳のあなたが生きて行く術はないのを良くわかってるから言っているのです」(youcanchanさん)

そんな中、質問に回答したアニメーターのGDBF_Sti05さんはご自身も高校卒業と同時に家出同然で上京した経験の持ち主。そんな自身の人生経験を活かした回答には説得力がある。

「とにかく高校卒業まで徹底的に距離を置いて高校卒業と同時というか卒業式が終わった瞬間に家に帰らずそのまま家を出た方がいいと思います。人生何がキッカケで変わるか分かりませんので苦しい時辛い時があっても必ず幸せな時期が来ます」(GDBF_Sti05さん)

確かに、高校中退よりは高卒・大卒のほうが就職率も高く、給料の良い仕事が見つかりやすいことは事実。だが、本当に親を見返したいと強く思うのなら単に我慢するだけではなく、今のうちから準備をしておくべきだろう。

「親のお金で大学へ行きその後自立することの検討をお勧めします」(wriaslouさん)

「高校をアルバイトしながら、住み込みなど、出来るだけ家から離れた就職先を探し、高校を出たら就職して、大学はそれでも行きたいのであれば、落ち着いてから働きながら行けば良いと思います」(桃っぽん。さん)

「高校を卒業していなくても、大検で、通信の大学卒業資格は取れます。もちろん、奨学金も受けられます」(gyakutennzizouさん)

現在は高等学校卒業程度認定試験と名前を変えているが、16歳以上であればだれでも受験可能。親との折り合いが悪いとしても高校、大学と進学することは可能だ。学歴を身に着けるか、アニメーターのように手に職をつけるか。親からの自立と一言で言ってもその手法は人それぞれ。親への不満はあるものの、それをポジティブな形で昇華させることが最も重要なのではないのだろうか。

古田ラジオ(Furuta Radio)