難病と闘う妻に、とある男性が結婚10周年のサプライズ 「ブルーノ・マーズの名曲」を通じて伝えたかったこと

写真拡大

カールさんは、結婚10周年を記念して妻のローラさんにフラッシュモブで感謝の気持ちを伝えることにしました。合唱した歌はブルーノ・マーズの「Just The Way You Are」。歌詞にはこんな一節が。

“ぼくは毎日伝えている。なかなか信じてもらえないけれど、キミは本当に最高で、驚くほど美しいんだ。変えたいところなんて一つもないよ”。

文句なしに素敵。でも、それだけじゃありませんでした。彼女への思いが詰まった特別なメッセージだったのです。

多発性硬化症の妻に贈った歌。
「ありのままのキミでいて」。

難病情報センター」によれば、多発性硬化症は、体中に神経障がいが多発してしまう難病です。しびれやまひなどの影響でまっすぐ歩けなくなってしまうこともあります。はっきりとした原因はいまだわかっていません。

だからこそ、この楽曲の歌詞は、彼女にとってただのラブソングではありませんでした。

When I see your face, there's not a thing that I would change.
(キミの顔を見て、変えたいと思うところなんて一つもない)。

Because you're amazing, just the way you are.
(だってキミは最高だから、そのままでいいんだ)。

And when you smile, the whole world stops and stares for a while.
(キミが微笑めば世界が止まる。しばらくキミを見つめるために)。

Because girl you're amazing, just the way you are.
(だってキミは最高の女の子だから、そのままでいいんだ)。

合唱したメンバーは、カールさんの友人ステファンさんの教え子たち。舞台演劇などを学ぶリバプール・メディア・アカデミーの学生でした。

ステファンさんは「A Plus」にこうコメント。

「本当に感動的でした。圧倒されてしまいましたが、とても幸せな10周年記念のお祝いでした。その一員だったことが名誉であり、誇らしいです。時間を割いてくれた学生たちも誇りに感じています。みんな最後には泣いちゃって。素晴らしい一日でした」。

声を出して泣くローラさんの姿から、その感情が伝わってきます。旦那さんからの愛情できっと胸がいっぱいだったのでしょう。

きっと、10周年記念を思い出すたびにニヤニヤしちゃいそうな最高の思い出になったはず。これからも末永くお幸せに!

Licensed material used with permission by Synodic Productions
Stephanie Carr - Orchestrated the event
Alex Carr & Milo McAleny - the local filmmakers who shot the video
Liverpool Media Academy - the students who performed