【心理テスト】ホラー映画の恐怖のツボでわかる、エッチのオーガズムポイント

写真拡大

 「オーガズム」と一言でいっても、そのツボは人それぞれです。体感する部位はもちろんですが、精神的な高揚感などの影響も大きいでしょう。そこで今回は、あなたが恐怖を感じるものから、セックスのときのオーガズムポイントを探ってみましょう。

【質問】
 ホラー映画などの恐怖ものを観ているとき、恐いと感じるのはどれ?

A:不穏なBGMや大きな効果音
B:恐怖する登場人物の行動や表情
C:化け物や霊、悪魔などの姿
D:ストーリーそのもの

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見てみましょう。

【診断できること】
「オーガズムポイント」
 ホラー映画などの恐怖ものを真剣に観ていると、自然に身体がこわばってくるでしょう。身体のこわばりは、セックス中の緊張状態に近く、感じる恐怖は、緊張を一気に解放することにつながり、オーガズムポイントを意味します。

■A:不穏なBGMや大きな効果音……身体的な昇天
 耳は、女性器と出産のシンボルです。エジプトでは、右耳は「生」、左耳は「死」の息吹を感じるといわれています。誰かと一体化するセックスは、自分と相手を殺して、新しい1つの生命体になる命のドラマです。あなたのオーガズムポイントは、まさに、快楽の愉悦そのもの。音に反応して心臓の鼓動を早めるように、下半身の血流を一気に促すでしょう。身体の相性のいい相手が必要です。

■B:恐怖する登場人物の行動や表情……心の快楽で昇天
 恐怖で顔を歪める登場人物は、恐怖シーンに身を置くあなたの化身です。自らの身に起きた恐怖をバーチャルに体感しながら、安堵と恐怖に心を動かします。セックスそのもので得る心地よさよりも、「大切な人と1つになっている」「この幸せが永遠に続くといいな」という心持ちが重要です。あなたのオーガズムポイントは、身体と同時に心の一体感を得ること。心の解放が昇天への導きです。

■C:化け物や霊、悪魔などの姿……支配で昇天
 恐怖の源となる化け物や霊、悪魔などの存在は、その恐怖を支配する支配者です。恐怖の支配者に恐れを感じるあなたのオーガズムポイントは、セックスの相手に支配されたり、反対に相手を支配すること。自らの昇天よりも、相手が達する瞬間を確認することが、セックスの醍醐味になっているのかもしれません。いずれの場合もセックスをプロデュースし、相手の性を牛耳るあなたなのです。

■D:ストーリーそのもの……知性で昇天
 恐怖のストーリーそのものに恐怖を感じるあなたは、単純な見た目の恐怖や、瞬間的な驚きでは満足できません。セックスも同様に、セックスに至るまでのプロセスを重視します。下半身ではなく、脳から昇天するあなたのオーガズムポイントは、その場の状況や前戯に影響されるでしょう。相手と一体化する前に満足していることもあるのかもしれないくらいに、オーガズム妄想を繰り広げます。

 「橋の上の恋」のように、心が揺れ動く瞬間は、思いがけない恋のはじまりや、ときめきからくるオーガズムに達しやすい状況といえるでしょう。ずっとご無沙汰状態で老け込みそうという人も、恐怖映画鑑賞で若返られるかもしれませんよ。
(LUA)