28日午前、北京新空港となる北京大興国際空港の建設指導グループが第7回会議を行い、航空会社拠点建設プランが承認されたことが明らかになった。

写真拡大

28日午前、北京新空港となる北京大興国際空港の建設指導グループが第7回会議を行い、航空会社拠点建設プランが承認されたことが、複数の航空会社に対する取材で明らかになった。新華網が報じた。

承認されたプランでは、航空会社の航空連合ごとに分けられ、中国航空集団公司(国航)など、スターアライアンス(Star Alliance)のメンバーは北京首都国際空港に残り、中国東方航空集団(東航)、中国南方航空集団(南航)などのスカイチーム(Sky Team)のメンバーは、拠点を新空港に移すことになるという。

北京大興国際空港のターミナルエリアの総敷地面積は約27.9ヘクタール。南北1753メートル、東西1591メートルに広がり、旅客ターミナルビル、トランジットセンター、総合サービス・駐車場ビルの3つのエリアから成る。総建築面積は103万平方メートル。首都国際空港T3ターミナルビルを上回る世界最大の空港ターミナルビルが誕生する計画だ。2019年の開港が予定されている。

19年に同空港が開港すれば、北京は2ハブ空港体制になる。2空港は直線距離で67キロ離れているため、行く空港を間違えてしまった旅客にとっては時間の大きな損失となってしまう。(提供/人民網日本語版・編集KN)