「綾野剛」から「息子の爆弾発言」まで、俳優・佐藤二朗のツイートがおもしろい

写真拡大

 脇で光る男、佐藤二朗。名前を聞いてもピンとこない人も、山田孝之主演の「勇者ヨシヒコと魔王の城」(テレビ東京系)や、現在は「神の舌を持つ男」(TBS系)に出演中で、映画『幼獣マメシバ』シリーズに主演している俳優さんといえば浮かぶのでは?

 そんな佐藤さんがTwitterで人気だって知ってました? あの風貌から醸し出される親しみ深いツイートは、ついついフッと笑ってしまうこと必至なんです。

 わずか1年で10万フォロワーを獲得、総計48万リツイート&100万いいね!を突破した佐藤さんの公式ツイッター。厳選した117のツイートに、本人のツッコミを加えた書籍『佐藤二朗なう』が出版されるまでに至り、売れ行きも好調なようです。

 筆者のお気に入りのツイートをいくつかピックアップ。

◆自分の名前ツイート事件

 著名人がエゴサーチしようと思って自分の名前を誤ってツイートしてしまうケースがたまにありますが、佐藤さんもその例に漏れず、ということでしょうか。ただ、彼はその巧みな言語的センスでその恥ずかしさを見事にカバーしています。

●ツイート1
佐藤二朗

●ツイート2
なんかすごいボケっとしてて、「佐藤二朗」と、まんま自分の名前のみをツイートするという、世にも恐ろしいほど生産性のない行為をしてしまったら、なぜか結構な勢いでRTが付き、消すに消せなくなっている今の俺は、孤島に置き去りにされたような未知の感情に包まれている。

●ツイート3
数日前に誤送してしまった「佐藤二朗」という名前のみの呟きに対するRTの数が結構なことになっていて、なぜか僕の頭の中には「市中引き回しの刑」という言葉が思い浮かんでいる。

◆「綾野剛よ。君についていきます」

 年下の俳優からのラブコールに喜びすぎて、逆に「ついていきます宣言」してしまう佐藤さん。キャリアを重ねても変わらない腰の低さにファンはついていきたくなるんでしょうね。

●ツイート
昨日、初めましてだった綾野剛くんから「いつも二朗さんのTwitter見てます」と言われ、「いつかガッツリ絡みたいです」と言われ、更には、昔、僕が脚本を書いたレンタルビデオ店の短編ドラマを絶賛され、もう、なんというか、「綾野剛よ。君についていきます」的な気分になっている。

◆時空をゆがませる息子の発言

 佐藤さんのツイートによく登場するのが息子さんとの微笑ましいやりとり。なかでもクスっとなってしまう3つをご紹介。

●ツイート1
山奥に来て6日目、その間に息子4回、電話で話し、その度に「今、何してるの?」と聞いてるが、色んな時間帯に電話してるにも関わらず、4回とも答えは「おならをしてる」なので、息子は一日中おならをしてる可能性が出てきた。

●ツイート2
「あしたのようちえんたのしかったよ」と報告する息子が今どこの時空にいるかは謎だ。

●ツイート3
つい先ほど、息子(3歳)が嫁に「お母さんって、お化粧しないとオジサンみたいな顔だね」という爆弾発言を投下したが、見なかったことにする。

=====

 ただの酔っ払い的ツイートに激しく親しみを覚えたり、ご家族(息子さん最強)との関係にほっこりしたり、芸能界での交流を垣間見たり……。日々に疲れたアナタに癒しを届ける脱力系つぶやきワールド、かなり中毒性ありです。

『佐藤二朗なう』公式ホームページ http://satojiro-now.info
佐藤二朗公式Twitter @actor_satojiro

<TEXT/望月ふみ>