ライブファンズが運営する音楽ライブ情報サービス「LiveFans」は、2016年上半期の観客動員ランキングおよび、メーカー別ライブ動員シェアを発表した。

2016年上半期の観客動員ランキング

“ライブ”という切り口でアーティストパワーを可視化した本ランキングの総合部門では、海外アーティストでは史上初となる3年連続日本ドームツアーを達成したBIGBANGが第1位を獲得。2位のももいろクローバーZ、6位の氷室京介、7位の関ジャニ∞と、ドームツアーを開催したアーティストが上半期ランキングの上位を占める結果となった。第9位のEXILE ATSUSHIは、5大ドームツアーを開催。これまで日本人男性ソロアーティストで5大ドームツアーを行なったのは桑田佳祐、小田和正、福山雅治の3人のみだったが、ATSUSHIが史上4人目となり、ソロデビューから4年8ヶ月での5大ドームツアー開催は、日本人ソロアーティストとしては、最速記録となった。

メーカー別ライブ動員シェアでは、エイベックス・ミュージック・クリエイティヴが2015年年間ランキングに引き続きトップシェアを獲得した。この調査は、LiveFansに登録されている2016年1月1日〜2016年6月30日までに行なわれたライブコンサートを元に実施した。

【2016年上半期ライブ動員ランキング(総合)】
順位 アーティスト名/推定動員数 公演数 1公演平均

1 BIGBANG/59万3932人 34回 1万7469人
2 ももいろクローバーZ/40万6550人 11回 3万6959人
3 SHINee/36万3856人 20回 1万8193人
4 SEKAI NO OWARI/34万7222人 25回 1万3889人
5 ジャニーズWEST/33万5600人 25回 1万3424人
6 氷室京介/32万5861人 7回 4万6552人
7 関ジャニ∞/29万7122人 6回 4万9520人
8 NEWS/27万4800人 18回 1万5267人
9 EXILE ATSUSHI/26万9132人 7回 3万8447人
10 GENERATIONS from EXILE TRIBE/24万9242人 20回 1万2462人

■2016年上半期ライブ動員メーカー別シェア
順位 メーカー名 占有率
1 エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ 17.9%
2 ソニー・ミュージックレーベルズ 13.6%
3 ユニバーサルミュージック 9.8%
4 ワーナーミュージック・ジャパン  7.7%
5 トイズファクトリー 6.4%
6 キングレコード 5.7%
7 ジャニーズ・エンタテイメント 4.7%
8 JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント 4.6%
9 ジェイ・ストーム 4.5%
10 ポニーキャニオン 4.2%
その他 20.9%

関連情報

http://www.livefans.jp/matome/8000

文/編集部