高額な公式アカウントを取得しなくても大丈夫

写真拡大

LINEはスマホユーザーならほとんどの人が使っているといっても過言ではないツールです。もっぱらプライベートで友人と連絡を取り合うのに使うことが多いですよね。しかしLINEはビジネスツールとしても有効活用できるんです!セールやキャンペーンなどのお知らせで使われることが多いLINEです。LINEをビジネスで使う場合は、どう使うと効果的なのでしょうか。

■ 無料で開設できるLINE@

LINE公式アカウントやプロモーションスタンプの導入には多額の費用がかかります。一方無料で開設できるのがLINE@です。メッセージ配信、1対1のトークを使うことができます。月に一定数以上のメッセージ配信を行う場合は有料になりますが、このラインのメッセージ配信で売り上げを上げている企業があるのです。

◎ 美容院の場合

例えば美容室『Lani hair』では、予約が少ない時間帯に「本日限定トリートメントサービス/パーマ・カラーのお客さま、話題のオイルのトリートメントを無料で施術」というメッセージを送ると、4時間の間に5人の来店があったそうです。リアルタイムで効果を上げることができる営業ツールですね。

◎ ピザ屋の場合

『ナポリス ピッツァ&カフェ』では天気が悪い日にクーポンを配信しています。このお店では、警報が発令された日の朝に「ホットコーヒー無料」という一日限定クーポンを配信。すると「友だち」300人のうち30人がこのサービスを利用したのです。結果、3万円の売り上げにつながったのだとか!

◎ アンケートの回答率が良い!

LINE@にはリサーチページでアンケートを取る機能があります。エンタテイメント商品販売を行う『ワンダーコーポレーション』では、この機能を使って各店舗の満足度アンケートを実施しました。当初は2%程度の回答率を予想していたのに対し、なんと14%を超える回答があったのです。LINEという身近で使いやすいツールを使ったことで、リアルな顧客の意見を効率的に集めることができた事例です。

集客やお客様の感想を集めるなど、LINEはビジネスツールとしても十分に活用することができます。高額な公式アカウントを取得しなくても、LINE@で十分対応できるところも魅力です。LINEをビジネスで使ってみませんか。

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・バジル太郎 編集:nanapi編集部)