中国には一部で「日系車を嫌う」消費者が存在する。これは歴史問題などが主な理由であり、日系車の性能などが否定されているわけではない。事実、中国には「日系車を好まずとも、日系車の性能は認めざるを得ない」と主張する声が存在する。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国には一部で「日系車を嫌う」消費者が存在する。これは歴史問題などが主な理由であり、日系車の性能などが否定されているわけではない。事実、中国には「日系車を好まずとも、日系車の性能は認めざるを得ない」と主張する声が存在する。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、多くの中国人にとって「日系車とは省エネで信頼性の高い車」というイメージであると伝え、「日系車は好きではないが、それでも認めざるを得ない」と論じる記事を掲載し、日系車を好もうと好むまいと、中国で日系車が売れているのは事実だと論じた。

 記事は、「中国人が日系車を嫌っていようとも、日系メーカーは認めざるを得ない実力を持つ」と指摘し、その実力の事例を幾つか紹介している。まず、第2次大戦後からずっと自動車大国だった米国市場では、高性能エンジンを搭載した日本車メーカーが米国に進出したことによって米国メーカーが市場を奪われ、米国メーカーが苦戦を強いられるという事態が起きたと紹介。

 その後、米国メーカーも高性能エンジンの開発に取り組み、その結果として世界に高性能エンジンが波及していったと論じた。また、日本の自動車メーカーが後発ながらも数々の自動車レースで結果を残したことを紹介したほか、今や米国車をはじめ世界中の自動車に日本メーカーの部品が搭載されていることを指摘し、日本の自動車メーカーには疑いようのない実力があり、中国の自動車メーカーとの差は歴然であるとの見方を示した。

 記事も指摘しているとおり、日本の各自動車メーカーに「疑いようのない実力」があるのは明白だ。だからこそ、多くの逆風があっても中国で販売台数を伸ばすことができるのであろう。中国のメディアや消費者がさらに成熟すれば、日系車の魅力や性能がさらに正当に評価されるようになるはずだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)