Hondaがついに250とは思えないほど本気すぎるバイク「CBR250RR」を投入しました。

1

最近の250クラスではありえないほど豪華なスペックとクールすぎるカラーリングです!

以前モーターショーの時にコンセプトモデルが発表され、話題を呼んでました。実際の製品もコンセプトモデルにかなり近い形になってますね!

ヘッドライトもバイク全体のフォルムを崩さず、ちょうどいい存在感。

テール周りもスマートにまとまっていてスーパースポーツ感がバリバリ感じられます!

コックピットも本格的。メーターなんてリッターバイク並みの作りこみです。

装備もかなり豪華で、まさかのSHOWA製倒立フロントフォークを採用。最近のオンロード250ではかなり珍しいと言えるでしょう。

エンジンは二気筒で構造を見る限り、かなりパワーが出ていそう…。

スロットル・バイ・ワイヤシステムというハイテク機能も導入され、乗り手の好みによって3つの設定でエンジン特性が変更可能に。

ミドルクラス界に衝撃を与えるバイクとなりました!

今回発表されたのはインドネシアのピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーター(インドネシアのホンダです)。発売はインドネシアで2016年末を予定しています。

日本に入ってくる正式な発表はありませんが恐らく近年入ってくるでしょう!

公式のホンダホームページでは、新型CBRを舐めまわすように全体を見ることができます…。見れば見るほどかっこいいスポーツ流線フォルムです!

公式ページ:HONDA CBR Series

カラーリングは以下の3色。

・Anchor Greymetallic

・Mat Gunpowder Black Metallic

・Honda Racing Red

どれも先進的なカラーでライダーの心をぐっと掴んできます!

蛍光イエローが挿し色になっているAnchor Greymetallicもいいけど、Racing Redのまんまレースマシンみたいなかっこよさも捨てがたい…!

性能・カラーリングどちらもハイクオリティすぎるバイク。あと気になる乗り味ですね。日本発売がたまらなく楽しみです!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【モタサイ2016】美女キャンギャルまとめ!


夜ツーにピッタリ!都会に佇むアメリカンダイナー「CLUB XIPHIAS」


【強者現る】バイクに乗りながら演奏もしちゃう移動系バンド


フランスのヘルメットメーカー「SHARK」のCMが凄い!


【モンスター】隼のエンジンを積んだ化け物マシン達がヤバすぎる!

現行最強の250?「ホンダ・CBR250RR」がかっこ良すぎ!(http://clicccar.com/2016/07/31/389143/)