【#夢みるアドレセンス】紅白出場決定!?

写真拡大 (全15枚)

7月30日(土)、「かわいいだけじゃダメなんですか!?」というキャッチコピーでお馴染み、人気急上昇中のアイドルグループ『夢みるアドレセンス』が、ベルサール秋葉原で開催中の「NHKワンダーランド秋葉原2016『ムズムズエイティーン夏の学園祭』」で行われた「NHKムズムズ体操 第18」のお披露目イベントに登場した。

イベントに登場した夢アドメンバーは「ステルス部会25:00」「Love for You」「ファンタスティックパレード」の3曲を披露。
会場につめかけたファン約200人のボルテージは一気に最高潮に!

その後、体操服姿になり、「ムズみるアドレセンス」として再登場すると、悩める18歳のムズムズを解消する、NHKの新しい“ラジオ体操”「NHKムズムズ体操 第18」を披露。

体操を終えると、ここで荻野可鈴が「私たちはこの体操で紅白に出ます!」と、まさかの紅白出場宣言!大盛り上がりの会場のファンと一緒に、「NHKさん、お願いします!」とアピールした。

イベント後の取材でも荻野可鈴は、「この『ムズムズ体操 第18』はNHKさんですから、絶対出してくれるはず!」と力強くコメントしたが、思いが強すぎたのか「プチコーナーでもいいので出してください!CM前の30秒でもいいので!」と発言。
他のメンバーから「CM?NHKだよ?」と、突っ込まれる一幕もあった。

ちなみに、今回のイベントにちなんで「最近あったムズムズは?」という質問に、小林れいは「ICカードをタッチした瞬間に『残高がありません』となったとき。」とコメント。

荻野可鈴は、「背中に付いているボタンとか、洋服に付いているチャックに手が届かなくて、『うん、うん』とやっている時間が一番ムズムズします」と話した。

16歳の京佳は、「早く大人になりたい!ムズムズする!」とコメント。

山田朱莉は、「ビンの蓋。今、食べたいのに何回頑張っても開けられないとき、ムズムズします。」と語った。

メンバーそれぞれ、自身のムズムズエピソードを披露したが、志田友美は、「すごく急いでコンタクトを入れたときに、裏表を逆に入れてしまって、ムズムズした。」と話し、周りのメンバーから「ムズムズじゃなくて、ゴロゴロじゃない?」とツッコまれた。

そして最後に、荻野可鈴が「今回『NHKムズムズ体操 第18』を、私たちが踊らせていただけて、本当に光栄です!皆さんへの共感ポイントもたっぷりあって、楽しんでいただけると思います!」と、元気にアピールして会場を後にした。

(written by けいぼう)